サイト内
ウェブ

冬のフラワーアレンジメント!カレイドフレームの作り方

  • 2019年1月13日
  • NUKUMORE

刺しゅう枠に布地を貼り、プリザーブドフラワーなどの花材をグルーガンで接着して作るフラワーカレイドフレーム。今回は冬にぴったりなインテリア雑貨の作り方を紹介。布の質感、花の種類や色を変えることで、季節感が演出できます。

必要な材料

●材料: 花材 刺しゅう枠 直径10㎝ グレーのフェルト生地 20㎝×20㎝ ●道具: はさみ ピンセット 竹串 花材用はさみ 木工用ボンド 鉛筆またはボールペン グルーガン 白い紙

この作品に使用した花材

ドライフラワー バラ、ニゲラオリエンタリス、アストランティア、サルシーオ、エリンジューム、エリアンサス、フーセンポピー、SAデージー、ハッピーフラワー プリザーブドフラワー アジサイ、ブルーアイス、ブベッセンス、カスミソウ、ブナの実 その他 ソラフラワー、リボン

冬のフラワーアレンジメント!カレイドフレームの作り方

【1】白い紙に刺しゅう枠の内枠を重ねておき、鉛筆またはボールペンで枠を写し取ります。

【2】枠をはずして、白い紙の上に花材を配置します。全体のバランスをこれで確認します。 ※詳細は次項「花材を立体的にレイアウトするコツ」を参照

【3】刺しゅう枠の内枠の外側に木工用ボンドを塗ります。

【4】竹串を使ってボンドを薄く広げます。

【5】グレーのフェルトを刺しゅう枠にはめて、ボンドが乾くまで放置します。

【6】刺しゅう枠からはみ出したフェルトをはさみで切り取ります。

【7】花材を接着する土台ができました。ボンドでしっかり接着しているので、花材の重みでたるむことはありません。

【8】グルーガンでレイアウトした花材を接着していきます。両端のユーカリは刺しゅう枠に沿うようカーブさせて接着します。

【9】花材の高低差、色味のバランスを取りながら、大きい花材から接着します。

【10】9のすき間を埋めるように、SAデージー、エリアンサス、カスミソウ、ウンリュウ柳、アジサイを加えて接着してでき上がりです。

花材を立体的にレイアウトするコツ

花材は、あらかじめ紙の上でレイアウトしてシミュレーションします。一番背面にくる花から配置し、メインとなる大きめの花材をおいてから、小さめの花材ですき間を埋めるときれいにおさまります。プリザーブドフラワーやドライフラワー、アーティフィシャルフラワーのほか、シナモンなどの乾物を入れるのもおすすめ。平らな印象にならないよう、高低差がつく花材を選びます。また、同じ色が集まらないように注意しましょう。

旬のハンドメイド作品のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「ハンドメイド日和vol.7」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの旬のハンドメイド作品のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

本の購入はこちらから

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。