サイト内
ウェブ

恐怖より歓喜の叫び声に人は敏感、通説覆す驚きの研究結果

  • 2021年4月17日
  • ナショナル ジオグラフィック日本版

 サッシャ・フリューホルツ氏は防音用のパッドが貼られた小さな部屋で深呼吸し、耳をつんざくような叫び声を上げた。フリューホルツ氏がそこにいた理由には、ビートルズが関係している。

 ノルウェー、オスロ大学の認知神経科学者であるフリューホルツ氏は、1960年代のビートルズのコンサートを収録したビデオが頭から離れなかった。音楽が激しくなると、観客は本能的に喜びの反応を示し、金切り声や叫び声を上げる。「これらの人々にとっては、この圧倒的な高揚感を表現する方法がほかにないのです」

 いかにももっともな観察だが、これまで人の叫び声に関する科学研究はほぼ例外なく苦痛の表現に焦点を当てており、この点がフリューホルツ氏を悩ませていた。そこで、ネガティブなものからポジティブなものまで、根底にある感情の種類によって人の叫び声を識別できないかとフリューホルツ氏らは考えた。氏らの研究チームは痛み、怒り、恐怖、喜び、快楽、悲しみの感情に基づく叫び声を録音して音響的に分析。研究結果を4月13日付けで学術誌「PLOS Biology」に発表した。

 予想外の発見もあった。叫び声を聞いた人の脳は、警告とは見なされない喜び、快楽、悲しみの叫び声を、痛み、怒り、恐怖の叫び声より容易に認識し、効率的に処理していたのだ。すべての動物にとって、叫び声は周囲に危険を素早く伝える重要な手段と考えられている。今回の研究で、なかでも喜びの叫び声が最も強い反応を誘発した理由は謎だ。

 フランス、リヨン大学の音声研究者カタジナ・ピザンスキー氏によれば、人の非言語的な発声に関する研究は比較的新しいという。人に関する初期の研究のほとんどは、動物界ではほかに類を見ない発話や言語に焦点を当てていた。「それこそが人間らしさです」。なおピザンスキー氏は今回の研究に参加していない。

 しかし最近では、叫び声、笑い声など、ほかの動物の発声に似た非言語的な声に着目した研究も増えている。人は驚くほど多様な音を表現しており、その音響的な多様さが人のコミュニケーションの進化を理解する鍵になるかもしれない。

「私たちがどう違うかを理解するには、私たちの共通点を調べる必要があります」とピザンスキー氏は話す。

次ページ:「好きなサッカーチームが優勝」など

うれしい叫び声と恐怖の叫び声を演技

 フリューホルツ氏らはまず、叫び声という強い発声を基づく感情ごとに区別できるかを調べるために、防音室で自分たちの叫び声を録音した。好きなサッカーチームが優勝したときの叫び声など、さまざまなシナリオを考え、それらを再現しようとした。

 最終的に選定した感情は、痛み、怒り、恐怖、喜び、快楽、悲しみの6種類だった。被験者は「暗い路地で見知らぬ人に襲われる」など、叫び声の種類に応じた感情を呼び起こすシナリオを聞かされ、防音室で叫び声を上げるよう指示された。比較のため「アー」を激しく発声しただけの「ニュートラルな叫び声」も録音された。

 フリューホルツ氏はさまざまな感情の叫び声を再現することについて、「それほど難しいことではありません」と述べている。しかし、何度も叫び声を上げると疲れてしまう。「私たちにできる最も激しい発声ですから」

 こうした研究の課題の一つは、実験環境で行わなければならない点だ。被験者に苦痛や恐怖を与えるのは倫理的に問題があるとピザンスキー氏は説明する。そのため、叫び声を研究する選択肢は限られている。被験者に演技してもらうか、YouTubeのような過去の記録から抽出するしかない。

 ピザンスキー氏によれば、演技による叫び声は自然な叫び声より少し均質になる傾向こそあるが、それでもかなり正確であることを過去の研究は示唆しているという。「本物の発声を見つけるのには限界があるため、これが最善の方法と言わざるを得ません。しかも、被験者はとても上手に演技してくれます」。なお、被験者たちは演技の経験や訓練を受けたことがない人々から選ばれている。

 念のため、フリューホルツ氏らは過去の研究を参考に、叫び声の音程や強度などによる音響的な88の特徴をコンピューターアルゴリズムに学習させた。すると、80%近い精度で叫び声を分類した。最も精度が高かったのは喜びで、正解率は89.7%だった。

 次に、研究チームは録音された叫び声を被験者に聞かせ、コンピューターの画面上で選択肢の一つをクリックするというやり方で、叫び声を引き起こした感情をどれだけ素早く分類できるかを測定した。ある実験では6つの感情とニュートラルのうちから1つ、別の実験では2種類の感情から1つを選んでもらった。さらに、脳の活動状況を見られる「機能的磁気共鳴画像法(fMRI)」を用い、録音された叫び声を聞いているときの脳活動のマップを作成した。

 fMRIでは、脳の3つの部位に注目したとフリューホルツ氏は説明する。1つ目は、音の分類と分析をつかさどる聴覚系。2つ目は、特に生死を左右する状況での情動反応に関与する大脳辺縁系。そして3つ目は意思決定をつかさどる前頭葉で、より幅広い状況で音を処理する役割を果たしている。

次ページ:「危険をすばやく伝える」のが叫び声の役割のはずが

「危険や脅威にすぐ反応」ではない?

 被験者たちが最も素早く認識したのは警告と見なされない叫び声、特に喜びの叫び声だった。fMRIの分析でも同様のパターンが見られた。痛み、恐怖、怒りというネガティブな感情から発せられる叫び声は認識に時間がかかった。警告と見なされる叫び声よりそうでない叫び声の方が、被験者の脳内で活発な活動を引き起こしていたのだ。これは研究チームにとって意外な結果だった。

 叫び声の進化上の機能は、聞こえる範囲にいるすべての人に危険を素早く伝えることだと考えられており、今回の発見はこの通説に反するものだ。ピザンスキー氏は「驚くべき結果です」と感想を述べ、何がその結果につながったのかわからないと言い添えた。

 科学者の間ではこの20年、脳は「脅威の探知機」という見方が広まっているとフリューホルツ氏は話す。しかし、今回の研究は、この考え方が叫び声には当てはまらないかもしれないことを示唆している。

「叫び声の微妙な違いについて考えるべきなのかもしれません」と、米ニューヨーク大学で神経学の助教を務めるアディーン・フリンカー氏は話す。フリンカー氏らは2015年の研究で、警告を意図する音(叫び声のほか、笛などの人工的な警告音を含む)が素早く感知される鍵として、「粗さ」と表現される、耳障りな高音を特定した。

 今回の研究では、ネガティブな叫び声とポジティブな叫び声の両方でこの特徴が確認されたが、ポジティブな叫び声の方が粗さは小さいとフリンカー氏は説明する。にもかかわらず、被験者がネガティブな叫び声を素早く認識し処理することはなかった。今回の発見は、警告音への反応を誘発するのに粗さが重要である可能性を必ずしも排除するものではない。とはいえ「状況は複雑になりました」とフリンカー氏は第三者の立場から述べている。

 聞き手が置かれている環境が叫び声の認識に影響を及ぼす可能性もあるとフリンカー氏は指摘する。例えば、叫び声を聞く前、暗い路地に立っているところを想像すれば、叫び声を上げた人の感情とは無関係に、叫び声の解釈が変わってしまうかもしれない。

 それほど意外ではないかもしれないが、今回の研究ではさらに、ポジティブな叫び声が最も頻繁に警告の叫び声と誤認された。このように叫び声の背後にある感情を誤って認識することは、いつの時代も、人類にとって有益なのかもしれない。ピザンスキー氏が言うように、「用心に越したことはない」からだ。

 今後さらに研究が進めば、さまざまな叫び声に対する反応の解明につながるだろう。叫び声は日常の言葉と懸け離れているように見えるかもしれないが、発声における微妙な差異や、これら非言語の音声が他者に何を伝えるかを研究することは、言語のルーツをたどるうえで重要だとピザンスキー氏は話す。

「人類の音声コミュニケーションの進化、突き詰めると、どのように私たちが話すようになったかを理解するには、これらの違いすべてを本当の意味で理解する必要があります」

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2021 日経ナショナル ジオグラフィック社