サイト内
ウェブ

絶滅オオカミ「ダイアウルフ」、実はオオカミと遠縁だった

  • 2021年1月16日
  • ナショナル ジオグラフィック日本版

 ダイアウルフ(Canis dirus)は、今からおよそ1万3000年前に絶滅したイヌ科の動物。体重は約70キロと、現在のタイリクオオカミ(Canis lupus)より大きく、南北アメリカ大陸の広い範囲に生息し、氷河期のウマや巨大ナマケモノなど絶滅した動物たちを捕食していた。

 しかし、謎は数多く残っている。ダイアウルフはどこから来たのか? 現代のオオカミとどれくらい似ていたのか? 何十万年も生き延びた末に絶滅したのはなぜか?

 このほどダイアウルフの複数の個体のゲノム(全遺伝情報)が初めて解析され、驚きの事実がいくつか判明した。まず、ダイアウルフはタイリクオオカミに近い仲間と考えられてきたが、進化上は遠い関係にあり、アメリカ大陸で長く孤立していたことがわかった。

「ダイアウルフとタイリクオオカミは形態学的に非常によく似ていますが、遺伝的には全くもって近い関係ではありません」と英ダラム大学の考古学者アンジェラ・ペリー氏は説明する。氏らの論文は1月13日付けで学術誌「ネイチャー」に発表された。

 この研究によって他のイヌ科動物との関係が明らかになり、ダイアウルフは約570万年前にタイリクオオカミの祖先から枝分かれした「新世界」の系統であることが判明した。その結果、ダイアウルフの進化と絶滅の謎はさらに深まった。

「新たな疑問が生まれます。彼らの絶滅は、気候や環境の変化と関係しているのでしょうか。それともヒトや、他のオオカミやイヌ(あるいは病気)が到来し、彼らを絶滅に追いやったのでしょうか」とペリー氏は話す。

次ページ:恐ろしいオオカミ

恐ろしいオオカミ

 ダイアウルフの名は「恐ろしいオオカミ」を意味する。堂々とした体格や、骨をかみ砕く奥歯をもち、大型草食動物を襲うことで知られ、多くの神話や伝説にも登場してきた。しかし、太古のアメリカ大陸に生息していた他の大型動物たちと同様に、更新世の終わりとともに変化した世界に適応できず絶滅した。

「私がいつも疑問に思っていたことの一つは、人類がアメリカ大陸に到来したときに、ダイアウルフはまだ存在していたかです」とペリー氏は語る。そして、両者に何らかの関わりがあったのかも疑問だった。氏はヒトと動物の交流についても研究している。

 数年前にペリー氏らがダイアウルフの研究を始めたとき、化石に事欠かない場所があることはすでにわかっていた。米ロサンゼルスにある天然アスファルトの池「ラ・ブレア・タールピット」だ。

 しかし、ラ・ブレアで発掘されたダイアウルフやサーベルタイガーなどの化石から十分なDNAを抽出しようという試みは、ほとんど失敗に終わっている。高温や過酷な環境が原因で、化石に含まれる遺伝物質が破壊されるためだ。ペリー氏らの試みもうまくいかなかった。

「タールピットは熱くて泡だらけで、DNAの保存にはあまり適していません」と、論文の著者の一人である英オックスフォード大学古遺伝学・生物考古学研究ネットワークの責任者グレガー・ラーソン氏は説明する。

 だが、ラ・ブレアで見つかった1つの化石が収穫をもたらしてくれた。コラーゲンたんぱく質が採取でき、そのアミノ酸配列から、これまですべてオオカミの仲間とされてきたダイアウルフとイエイヌ、タイリクオオカミ、コヨーテ、アフリカンゴールデンウルフを比較することができたのだ。その結果、ダイアウルフは劇的に異なっていることがわかった。

標本を求めて旅に出た

 しかし、それだけでは不十分だった。1つのたんぱく質の配列だけではイヌ科動物の複雑な関係を解く十分な情報を得られないと、論文の共著者で英ロンドン大学クイーン・メアリー校およびオックスフォード大学の研究者ローレント・フランツ氏は述べる。

 そこでペリー氏は2016年、ダイアウルフの骨を集める旅に出た。遺伝子解析に必要なDNAを手に入れるため、米国中の博物館や大学を訪ね回って各施設が所蔵するダイアウルフの骨を調べ、その破片を持ち帰った。

 旅には難題もつきまとった。かばんの中に歯や骨の破片、ドリル、電子計測器が詰まっている理由を空港の検査担当者に説明しなければならなかったとペリー氏は笑う。しかし、苦労は報われた。それに、ペリー氏が予想していた通り、ダイアウルフの標本をそれとは知らず持っている研究者もいた。

次ページ:ダイアウルフ5匹分のゲノムを解析

「形態学的にタイリクオオカミとよく似ているため、多くの人は収蔵品にダイアウルフが含まれているかどうかさえ知りません。しばしば『オオカミでしょう?』という反応が返ってきます」とペリー氏は話す。「米国のあちこちを回って、古い箱を掘り返したり、ひとりで地下室に長時間こもったりしました」

 最終的に、ペリー氏らは協力者たちとともに、米オハイオ州、アイダホ州、テネシー州、ワイオミング州で入手した標本からダイアウルフ5匹の遺伝子プロファイルを作成した。

 最も古い標本は5万年以上前のものだった。一方で最も新しい標本は1万2000年弱前のものと推定され、一部のダイアウルフがタイリクオオカミ、コヨーテ、ドール(アカオオカミ)、ハイイロギツネ、場合によっては初期のヒトと同時期に暮らしていたことを示唆している。

 研究チームはダイアウルフのゲノムだけでなく、タイリクオオカミ、コヨーテ、ドール、ハイイロギツネ、アフリカンゴールデンウルフ、アビシニアジャッカル(エチオピアオオカミ)、リカオン、クルペオギツネの既存のゲノム配列および、いずれもアフリカに生息するセグロジャッカル、ヨコスジジャッカルの新たなゲノム配列を詳しく調べた。

 こうした遺伝子系統の分析によって、ダイアウルフは他のオオカミたちとは遠い関係にあり、むしろアフリカのセグロジャッカルやヨコスジジャッカルに近いことがわかった。

 ダイアウルフの系統は約570万年前、他のオオカミたちの祖先を含む系統群から分岐。のちに数千年にわたって他のイヌ科動物と生息地が重なる時期があったにもかかわらず、孤立状態が続いていたと研究チームは推測している。こうした遺伝的な隔絶は、しばしば近縁種同士で交雑するイヌ科では珍しいことだ。

明かされる謎

 この新たな遺伝学的洞察を受け、古生物アーティストのマウリシオ・アントン氏は、過去に描いたダイアウルフのイラストを修正することにした。例えば、灰色の長い毛はなくした。北米のオオカミがもつ暗い色の毛は、他のイヌ科動物と交雑したことで入り込んだと考えられているが、おそらくダイアウルフはそれをしなかったからだ。オオカミらしい頭部や体形など、いくつかの外見的な類似点は維持されている。

 複数の専門家によれば、今回の研究成果はダイアウルフの起源と絶滅の理解に役立つだけでなく、ダイアウルフとタイリクオオカミのよく似た形質が別々に進化したことを示唆しているという。

「長く隔絶していたにもかかわらず体形の収れんが見られるということは、オオカミの体形が大成功を収めていること、そして間違いなく、はるか昔からそうだったことを示唆しています」とカナダ、アルバータ大学の人類考古学者ロバート・ロージー氏は話す。氏は今回の研究には関わっていない。

 だが結局、これらの利点はダイアウルフの絶滅を阻止できなかった。イヌに似た種やオオカミが到来し、ダイアウルフとの競争に勝ったか、病気を広めたのではないかと研究チームは推測している。さらにペリー氏は、気候変動も影響したのではないかと考えている。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2021 日経ナショナル ジオグラフィック社