サイト内
ウェブ

“アーサー王生誕の地”に要塞跡、英「暗黒時代」に光

  • 2021年1月11日
  • ナショナル ジオグラフィック日本版

 英国南西部コーンウォール州のティンタジェルは、大西洋を臨む岩がちな岬だ。2016年の夏、ここで見つかったある遺構と出土品が注目を集めた。

 理由のひとつは、ティンタジェルがアーサー王が生まれたとされる場所だったからだ。だが同時に、伝説の偉大なブリタニアの王との関係はさておき、それらは考古学的にも「信じられないほど重要な発見」だった。

 発掘調査で出土したのは、巨大な石造りの要塞跡、遠くアジア(現在のトルコ)から輸入されたぜいたくな品々だ。これらはすべてローマ帝国の支配が崩壊した西暦400年以降の時代のものだった。

 歴史的文献において、アーサーという名の指導者に言及している最古の記述は、5〜7世紀に起こった出来事と関連したものだ。ティンタジェルの要塞が建設されたのも「同じ時期だ」と考古学者は考えている。ここでは、英国史のなかでも謎の多いこの「暗黒時代」に光を当てる貴重な発見について振り返ってみたい。

「暗黒時代」のぜいたくな交易

 ティンタジェルを発掘した考古学者らは、5〜7世紀に建てられた可能性の高い、100以上にのぼる建築物の遺物を発見した。当時、一帯はケルト系ブリトン人の王国ドゥムノニアの重要な拠点であったと考えられている。

 ブリトン人の拠点だという証拠が初めて発見されたのは、1930年代のことだ。しかし、調査を主導していた考古学者C・A・ローリー・ラドフォードの自宅が第二次世界大戦中に空爆されたことで、科学的な成果は発表できなくなった。1990年代には、ラドフォードが行っていたティンタジェル遺跡の発掘が再開され、地中海世界各地から運ばれた見事な陶器やガラス製品が見つかっている。

 それから20年以上経って、英国の史跡保護機関「イングリッシュ・ヘリテージ」の支援で、研究者はティンタジェルに舞い戻り、5年に及ぶ発掘プロジェクトに取り組んだ。発掘調査の目的は、確固とした資料や根拠もないまま「暗黒時代」と呼ばれたり、単に「サブ・ローマン時代」「ポスト・ローマン時代」と呼ばれたりしているこの時代、ティンタジェルで何があったのかを明らかにすることだった。

次ページ:ぜいたくな品々が数多く出土

 このときに遺跡の未発掘だったエリアから発見された道状の溝はわずかだったが、厚さ1メートル超の巨大な岩壁も見つかった。当時の既知の構造物と比べ、はるかに堅牢であることも確認された。数百におよぶ小さな出土品は、陽光降り注ぐ東ローマ帝国の海辺から輸入されたぜいたくな品々が、風の吹きすさぶこの英国の岬まで運ばれていたことを明確に示していたのだ。

 学者らは、ドゥムノニアの人々がこれらの高級品と引き換えに売っていたのは、地元産の錫(すず)だったと考えており、そのほか、奴隷や狩猟用のイヌだった可能性もあるとしている。

文学と考古学と神話学

 当時「イングリッシュ・ヘリテージ」で史跡に関する上級研究員を務め、現在はカーディフ大学の考古学者のスーザン・グリーニー氏は、アーサー王伝説と、今回ティンタジェルで発見されたものとの関連をはっきりと否定する。「アーサー王との関連性があっても、それは純粋に文学的、伝説的なものです。アーサーを探すことを目的とした研究プロジェクトに私たちが着手することは絶対にありえません」とグリーニー氏は念を押す。

 2016年初め、「イングリッシュ・ヘリテージ」は専門家から批判を受けていた。遺跡がある崖にマーリン(アーサー王伝説に登場する魔術師)の肖像を彫るよう依頼したことが、ティンタジェルとアーサー王とのつながりを「ディズニー化」しようとする行為だというのがその理由だ。

 グリーニー氏は、5年間のプロジェクトの目的は、古代ドゥムノニアにおける国際的な生活を、より深く理解することにあると強調した。具体的には、彼らはどんな人々だったのか、何を交易していたのか、そしてティンタジェルのような海岸沿いの交易地の多くが、なぜ7世紀に放棄されてしまったのかを明らかにすることだ。

「これらの遺跡の中には、ストーンヘンジ以上に分かっていないものもあるのです」と、グリーニー氏は言う。

 アーサー王は単なる文学上の存在に過ぎないと一蹴する学者がいる一方で、違う見方をする学者もいる。「アーサー王の史実性を示す証拠はありません。でも、アーサー王が誰かにでっちあげられた架空の人物であることを示す証拠もないのです」。こう話したのは、米ミシシッピ州立大学の学部長兼歴史学教授で、『The World of King Arthur(アーサー王の世界)』の著者であるクリストファー・スナイダー氏だ。

次ページ:アーサー王とイングランド王室

アーサー王、現実と伝説

「歴史家が信じるか信じないかにかかわらず、中世の人々はほぼ全員が史実としてのアーサー王の存在を信じていました。その神話には、大きな可能性が潜んでいます」とスナイダー氏は説明する。

 アーサー王とティンタジェルを関連付ける言説は、12世紀にはすでに広く流布していた。きっかけは、ジェフリー・オブ・モンマスが著作『ブリタニア列王史』にアーサーとその功績について記したことだった。

 ジェフリーによると、アーサーの母親はティンタジェルの地で彼をみごもった。ブリタニア王である父親のユーサー・ペンドラゴンが、魔術師マーリンの助けを借りて地元の支配者に変装し、支配者の妻と床を共にしたのだ。

 それから1世紀ほど後に、イングランド王ヘンリー3世の弟であるコーンウォール伯リチャードがティンタジェルに城を建てたが、これは自分たちとアーサー王家との由緒を強固なものとするためであったと考えられる。14世紀には、イングランドの王たちは、この伝説をあたりまえのように重要なものとして扱うようになっており、円卓のレプリカを作り、アーサー王伝説の催しを行い、アーサー王ゆかりの勲章を創設した。この勲章は、今日に至るまで英国王室によって授与されている。

 さらには、この伝説の王の名前も、現代の王家の人々の名前に取り入れられている(チャールズ皇太子の正式な名前はチャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ、またその息子ウィリアム王子の正式な名前はウィリアム・アーサー・フィリップ・ルイ)。ただし英国王室はこれまで、積極的に家系図に新たなアーサーを加えてきたわけではなかったという。

 スナイダー氏は「アーサーという名の王子は、その大半が若くして悲劇的な死を遂げています。アーサーという名前は、あまり縁起が良いと考えられていません」と教えてくれた。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2021 日経ナショナル ジオグラフィック社