サイト内
ウェブ

北極のシロイルカがカリフォルニアの海に出没、科学者ら困惑

  • 2020年7月14日
  • ナショナル ジオグラフィック日本版

 北極海と周辺の海に暮らすシロイルカ(ベルーガ)が、そのはるか南、米国カリフォルニア州サンディエゴ沖で目撃された。サンディエゴは、日本の熊本や八丈島と同じくらいの緯度にあり、公式に記録された目撃場所としては最も南だという。

まさかシロイルカが

 発見されたのは2020年6月26日。ホエールウォッチングツアーの船長で野生動物の写真家でもあるドメニク・ビアジーニ氏は、6人のツアー客を船に乗せ、ミッションベイの沖合でクジラ(できればシロナガスクジラ)を探していた。別のツアーの船長、リサ・ラポイント氏にもクジラを見つけていないか無線で尋ねてみた。

「たった今、真っ白で背びれのない4、5メートルの動物を見たところ」とラポイント氏は答えた。「ちょっとほかにはない白さよ」

 シロナガスクジラでないのは確かだった。ザトウクジラやシャチなどよく見かける種でもなさそうだ。説明を聞く限りではシロイルカのようだが、まさかシロイルカがカリフォルニア沖にいるとは思えない。

 1時間後、ラポイント氏から連絡があった。やはりシロイルカだと言う。「決定的な証拠がなければ、誰も信じてくれない」ので、記録を残す手伝いをして欲しいと、彼女はビアジーニ氏に頼んだ。ビアジーニ氏はドローンを携えて、ラポイント氏の言う海域へ向かった。

 探すこと45分、船から180メートルほど先にその動物が浮かび上がった。「まぎれもないシロイルカが、目の前に現れました」とビアジーニ氏。「あまりに奇妙、かつ驚くべき出来事だったため」、彼はすぐに“市民科学者”モードに切り替わり、震える手でドローンを操作し、この思いがけない訪問者を撮影した。

 シロイルカが見られるのは通常、北極圏と周辺のカナダ、グリーンランド、ロシア、スカンディナビア、アラスカの海で、たいていは群れで泳いでいる。」)

 ところが今回ビアジーニ氏が撮影したシロイルカは、最も近い生息域であるアラスカから4000キロも離れた場所で、しかもたった1頭で見つかった。このシロイルカがどこから、なぜやって来たのか、科学者らは頭を悩ませている。

なぜこれほどの旅に?

 北極圏から遠く離れた場所でシロイルカが見つかる例は、これまでまったくなかったわけではない。1940年の春に、米ワシントン州沖で1頭のシロイルカが目撃されているほか、マサチューセッツ州やニュージャージー州、日本でも見つかったことがある。2018年には英国のテムズ川をロンドンに向かって泳いでいたシロイルカに、ベニーというニックネームが付けられた。

 それでも南カリフォルニアにシロイルカが現れたのは驚きだ。この海域では近年、思いがけない生物の出没が増えているが、それらはたいてい気候変動やエルニーニョにともなって北上してきた熱帯地方の種だ。

 シロイルカがなぜこれほどの遠征に出たのかはわかっていない。「特別好奇心の強いシロイルカが長旅をしようとしたのかもしれないし、病気で方向感覚を失ったのかもしれません」と、米ロサンゼルス郡立自然史博物館で研究員として働くアリサ・シュルマン=ジャニガー氏は語る。

次ページ:数日後にも目撃情報

 しかし、ビアジーニ氏が撮影した映像を見る限り、体調は良さそうだとシュルマン=ジャニガー氏もほかの専門家も口を揃える。シロイルカはさまざまな生き物を餌にするため、カリフォルニアのメニューがふるさとの味と多少違うことはあっても、食べるのに困ることはないだろう。「大冒険の途中なのだと考えたいですね」とシュルマン=ジャニガー氏。

数日後にも目撃情報

 ロシアやアラスカの個体群データと照合できるような遺伝情報や写真がない限り、「この個体がどこから来たのかは誰にもわかりません。考えられる場所は多数あります」と米ワシントン大学極科学センターの主任研究科学者、クリスティン・レイドラ氏は言う。

 最も近くにいるシロイルカの個体群は、1年を通じてアラスカ湾で暮らしており、クック入江に300頭未満、東のヤクタット湾に20頭が生息している。世界全体で見ればシロイルカは絶滅の危機にあるとは考えられていないものの、クック入江とヤクタット湾を合わせた個体群は、米国の絶滅危惧種保護法で「絶滅危惧種」に指定されており、年間平均約2.3パーセントの比率で減少している。

 このシロイルカが1頭でいたことも奇妙だ。「シロイルカは通常、群れで生活します。分布域の中心からこれほど離れた場所に1頭でいるとは・・・。なぜカリフォルニアまで泳いできたのか、見当もつきません」とレイドラ氏は言う。

 ラポイント氏とビアジーニ氏が見つけた数日後、シロイルカがそこより北のロサンゼルス沖、チャンネル諸島付近に現れたという未確認情報があった。それがもし本当にあのシロイルカだとすれば、ゆっくりと帰途についているのかもしれない。

 シュルマン=ジャニガー氏は、毎年この地域のコククジラを数えるプロジェクトのまとめ役を務めるほか、漁網にからまったクジラを救出する活動にも参加しており、太平洋岸の方々に張り巡らされた「非公式の観察ネットワーク」を持っていると言う。その参加者にひとりぼっちのシロイルカを見逃さないよう注意を呼びかけているが、チャンネル諸島付近での目撃以来、それらしき情報はない。もしもこのまま見つからなければ、あのシロイルカがどこから、何のためにやってきたのか、私たちに知るすべはない。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2020 日経ナショナル ジオグラフィック社