サイト内
ウェブ

ピンクのマンタが撮影される、世界でおそらく唯一

  • 2020年2月13日
  • ナショナル ジオグラフィック日本版

 鮮やかなピンクのマンタが、オーストラリアのグレート・バリア・リーフ最南端で目撃された。

 ダイビング中、このマンタに遭遇した写真家のクリスチャン・レイン氏は、自分の目を疑った。「ピンクのマンタがいるなんて思ってもみなかったので、混乱し、カメラのストロボか何かが壊れているのかと思いました」

 同氏がInstagramに投稿した写真は、インターネットで話題をさらっている。その後レイン氏は、このマンタが一帯で目撃されていた体長3.4メートルほどのナンヨウマンタのオスであると知った。映画「ピンク・パンサー」シリーズに登場するおっちょこちょいの刑事にちなみ、「クルーゾー警部」と呼ばれている。レディー・エリオット島の海域に暮らすクルーゾー警部は、知られている限り、世界で唯一のピンクのマンタだ。

 クルーゾー警部が発見されたのは2015年。以来、目撃情報は10回にも満たない。「恐れ多いことですが、大きな幸運に恵まれました」。レイン氏が写真を撮影したとき、クルーゾー警部は1匹のメスを巡り、7匹のオスたちと争っていた。

 クルーゾー警部のピンク色は本物だ。すでにオーストラリアの研究チーム「プロジェクト・マンタ」が確認している。当初、チームの研究者たちはこの色の原因について、皮膚の感染症の影響か、フラミンゴと同じように食事の影響と考えていた。しかし2016年、研究チームの一員であるアメリア・アームストロング氏が皮膚組織を採取。分析の結果、それまでの仮説は否定された。

 研究助手のアジア・ヘインズ氏は新たな仮説として、メラニン色素の発現に関連した遺伝子変異が原因ではないかと述べている。

 ヘインズ氏はメールでの取材に対し、クルーゾー警部は科学に貢献する可能性があると述べている。「遺伝子変異の原因がわかれば」、マンタの色がどのように進化したかについて、「何か手掛かりを得られるかもしれません」

次ページ:エリスリズム?専門家も興奮

専門家も興奮

 米国ルイジアナ州にあるニコルズ州立大学で水中の生態系を研究するソロモン・デイビッド氏は、クルーゾー警部の遺伝子変異はいわゆるエリスリズムではないかと予想する。皮膚の色素が赤くなる症状で、赤ではなくピンクになるケースもある。動物の色素に関する有名な遺伝子変異には、メラニズム(黒)やアルビニズム(白)がある。

 ソロモン氏はメールで取材に応じ、「魚の色素に関連した遺伝子変異は珍しくないため、このようなマンタが存在しても不思議ではありません。それでも、本当にクールな外見です」とコメントしている。

 英国に拠点を置くマンタ・トラストのCEO兼共同創設者ガイ・スティーブンス氏も、最も納得できる説明はエリスリズムだと考えている。

 ナンヨウマンタの典型的な体色パターンは3つ。真っ黒、真っ白、白黒だ。最も多いのは白黒で、カウンターシェーディングと呼ばれる配色だ。上から見ると、黒い背中が暗い海に、下から見ると、白い腹部が太陽に照らされた水面に溶け込む。この配色によって、サメなどの捕食者から身を守ることができると広く考えられている。

 それでも、スティーブンス氏は、クルーゾー警部の珍しい体色が生存や安全を脅かすことはないと考えている。ナンヨウマンタは体が大きいためだ。1トンを優に超える個体もいる。

「彼らは生まれたときから大きく、最初の数年で急激に成長します。彼らを襲うことができるのは、最大級の海洋捕食者くらいです」

 スティーブンス氏は言う。「自然は驚きに満ちています。次は青いマンタを探さなければ」

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2020 日経ナショナル ジオグラフィック社