サイト内
ウェブ

クジラの胃に100kgのごみ、なぜプラごみ食べる?

  • 2019年12月11日
  • ナショナル ジオグラフィック日本版

 海の食物連鎖の頂点に君臨するクジラ。だが、なぜ彼らは手袋やロープ、プラスチック容器を食べてしまうのだろうか? そして、胃に100キロものごみを詰め込んで生涯の幕を閉じるのだろうか?

 11月下旬、英スコットランドの砂浜で10歳のクジラの死体が見つかった。解剖して胃から出てきたのは、なんと100キロものプラスチックなどのごみの塊だった。この悲劇はニュースで大々的に報じられた。出てきたごみの量があまりにも膨大で、過去の同様の事例がかすんでしまうほどだったからだ。

 胃にごみがたっぷりと詰まった巨大なクジラの死体が発見される例は、世界中の海岸で増えている。このような痛ましい事例が実際に増えているのか、それとも、世間がプラスチック汚染に敏感になっているだけなのかはわからない。

 だが、プラスチックの生産量は指数関数的に増え続けている。1950年には210万トンだったが、2015年には4億700万トンにもなり、2050年までにはさらに倍増すると予想されている。

 食べられたプラスチックなどのごみが海洋動物に与える影響、彼らがそれを食べる理由、どのように感じているのかについては、実はまだわからないことだらけだ。食べられない物を食べて死んだという衝撃的な事実は、解剖により判明するものの、一般に、プラスチックを摂取してもすぐに死んでしまうわけではない。

 たいていの場合、その影響はゆっくりと少しずつ現れる。他の種よりも影響を受けやすいある種の動物たちに、ひそかに目立たない形で害を及ぼしていく。今の段階で言えるのはこの程度だ。

次ページ:なぜ海の動物はプラスチックを食べるのだろうか?

海洋動物はなぜプラスチックを食べる?

 米スタンフォード大学ホプキンス海洋研究所の博士研究員で、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもあるマシュー・サボカ氏によると、科学者はこの答えに窮しているという。

 プラスチックがいたる所にあることはすでにわかっている。毎年およそ800万トンものプラスチックが海に流出し、動物が食べていることもわかっている。しかしながら、どうしてそうなっているのかを突き止めるのは、本当に難しい。「海で実際に何が起きているのか、驚くほどなにもわかっていないのです」と同氏は話している。

 従来の説では、動物がプラスチックを食べるのは、そこにプラスチックがあるから以上の何物でもないと思われてきた(カタクチイワシなど一部の動物にとっては、プラスチックから食べ物のような匂いがするのかもしれないが)。だが、これでは、なぜ特定の種類のクジラ(マッコウクジラ、ゴンドウクジラ、アカボウクジラなど、深く潜るハクジラ)ばかりが胃をプラスチックでいっぱいにして死に、浜辺に打ち上げられるのかの説明にはならない。

 この謎の手掛かりは、狩りの方法にあるかもしれない。これらの種は、深海で狩りを行い、時には水深500メートルを超えることもある。そこは暗黒の世界だ。そこで、彼らは反響音で位置を特定するエコーロケーション(反響定位)を使い、イカなどの獲物を狩る。ハクジラにとっては、プラスチックごみが、食べ物と同じように「聞こえる」可能性がある、とサボカ氏は言う。

プラスチックは本当に深い海に沈む?

 実は、ペットボトルを含む多くの種類のプラスチックは、自然に海水に沈む。それ以外の海に浮かぶプラスチックも、表面に藻やフジツボが着生して重くなると沈むことがある。実際に、プラスチックの小さな破片が世界最深部である深度1万1000メートルのマリアナ海溝でも見つかっており、それをエビのような生物が食べているという。

次ページ:深刻なのは海を変えてしまう速度

クジラは他の動物より多くのプラスチックを食べている?

 必ずしもそうとはいえない。オーストラリアやニュージーランドの沖合の島々に巣を作るアカアシミズナギドリは、体重比で考えると、海辺の動物の中で最も多くのプラスチックを食べている。

 だが、クジラの死体は、目にすることが非常にまれなため、どうしても注目されてしまう(クジラの大部分は海で死に、陸から遠く離れた海底に沈む)。対して、ミズナギドリやアホウドリ、魚を含む多くの動物は、浜辺に打ち上げられても注目されることはない、とサボカ氏は言う。「ですが、15メートル、18メートルもあるクジラの場合は、ニュースになるのです」

プラスチックを食べると、実際には動物にどのような害が出る?

 時には、プラスチックのせいで死んだことが明らかな場合もある。例えば、アホウドリのひなの死体が見つかり、胃の中には食物がなく、プラスチックのみが詰まっていた場合や、クジラを解剖した結果、腸に鋭いプラスチックにより開いた穴が見つかった場合などだ。

 だが、ほとんどの場合、その害はもっと気づかれにくく、弱まることのない慢性的な飢えや無気力状態として現れる可能性が高い。

「50年前、海にはプラスチックなど、ほとんど存在しませんでした。大型のクジラは、その2倍もの時間を生きます」と同氏は語る。「私たちは、1頭のクジラの寿命の間に、プラスチックなどなかった海を、膨大な量のプラスチックが溢れる海へと変えてしまったのです」

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2020 日経ナショナル ジオグラフィック社