サイト内
ウェブ

11月の海外旅行ならここ! スリル満点の祭典5選

  • 2019年10月31日
  • ナショナル ジオグラフィック日本版

 暦の上では冬が始まる11月。寒さが厳しくなるこの季節には、スリルを求めて暖かい場所へ旅に出る人が多くなる。ここでは、11月におすすめの海外旅行先を紹介しよう。メキシコシティで味わえる骸骨の砂糖菓子から、チェンマイでの祈りまで、さまざまな体験が待っている。

死者の魂が帰ってくるとき

11月2日 メキシコ、メキシコシティ

「死者の日」のメキシコシティは、あざやかな色に包まれる。ユネスコの無形文化遺産にも登録されている死者の日は、アステカ文明とカトリックの伝統が組み合わされた祝祭で、この世を去った人々に思いをはせる日だ。マリーゴールドの花と家族の写真を飾る祭壇は「オフレンダ」と呼ばれ、死者とこの世にいる家族や友人とをつなぐ役目を果たす。

「死者のパン」と呼ばれる甘いパンには、アニスの種が使われることが多く、パン生地で作られた骨や骸骨が飾られる。人々は派手なコスチュームをまとってパレードやパーティに繰り出す。

テキサスでドイツ南部の伝統を堪能

11月1〜10日 米国、テキサス州ニューブラウンフェルズ

「ひとつ星の州」と呼ばれる米国テキサス州。サンアントニオから車で40分ほどの場所にあるニューブラウンフェルズは、テキサス共和国時代に入植地を探していたドイツ人貴族によって築かれた町で、今でも米国でもっとも古いドイツ系米国人コミュニティであり続けている。

 年に一度行われるヴルストフェストという祭典では、遊園地の乗り物に乗ったり、ザワークラウトというキャベツの漬物と一緒に供されるソーセージやシュニッツェルという肉料理、ジョッキになみなみと注がれたビールなどのドイツ由来の品々を味わったりして、地元の人々が旅行者とともにバイエルンの伝統を祝い合う。

次ページ:ロンドン炎の祭典

ロンドン炎の祭典

11月5日 英国、ロンドン

「忘れるな、忘れるな、11月5日のことを」と童謡にうたわれた「ガイ・フォークス・デイ」。別名「かがり火の夜」と呼ばれる祭典は、1605年11月5日に国会議事堂を爆破しようとした男が逮捕されたことを記念するものだ。

 ロンドンでは盛大な花火があがり、テムズ川沿いや街中でかがり火がたかれる。この日の夜は長くなるかもしれないので、空を見上げる前に有名なバタシー発電所の近くにあるリバー・ウォーク・マーケットで食事をするのもいいだろう。

後悔にさようなら

11月11〜13日 タイ、チェンマイ

 ロイ・クラトン祭りの期間中、タイ北部最大の都市チェンマイの川にはクラトンと呼ばれる小さな灯籠が無数の星のように浮かび、この世のものとは思えないような光景が広がる。この祭典には、新しい季節の到来を祝い、花やお香、ロウソクで飾った舟に悩みや後悔を乗せて流すという意味がある。その後には、パレードや音楽の演奏、花火の打ち上げなども行われる。自分でも灯籠を流してみたいなら、環境に与える影響を少なくするために、バナナの幹や葉でできた灯籠を探そう。

エイと泳ごう

11月 モザンビーク、トフォ

 長袖を脱ぎ捨てて水着に着替え、モザンビークのマンタ・リーフでエイと一緒に泳ごう。海岸の町トフォには、手つかずの海を泳ぐイルカやジンベイザメ、ザトウクジラなどを見に、ダイバーやシュノーケリング愛好家が集まる。インド洋でサンゴの周りを悠々と泳ぐエイなどの動物を見るなら、11月がおすすめだ。ただし、きちんと距離を取って動物たちを見守ることが重要だ。

【この記事の写真をもっと見る】ギャラリー:「死者の日」 故人に思いをはせる祝祭 写真19点

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2019 日経ナショナル ジオグラフィック社