サイト内
ウェブ

「サメの歯」を持つ肉食恐竜 タイで新種見つかる

  • 2019年10月12日
  • ナショナル ジオグラフィック日本版

 現在、タイ中部のバンサパンヒン近郊の土地は、薄い赤みを帯びた土で覆われ、地元農家がトウモロコシやキャッサバを育てている。しかし、1億1300万年以上前、この地域は氾濫原で、サメのような歯を持つ恐ろしい恐竜が支配していたことがわかった。

 今回発見された新種の肉食恐竜は「サイアムラプトル・スワティ(Siamraptor suwati)」と名付けられ、2019年10月9日付けで学術誌「PLOS ONE」に論文が発表された。この恐竜の化石は、7.5メートルほどある全身の各部が見つかった。カルカロドントサウルス類に属するが、東南アジアでこれほど状態の良い化石が見つかったのは今回が初めて。肉食恐竜の主要グループが、太古の時代にどのように各地に広がっていたのか、また新たな事実が加わることになる。

「タイで見つかった恐竜の中でも、重要な発見と言えます」と、論文を査読した英エジンバラ大学の古生物学者スティーブ・ブルサット氏は電子メールで答えている。

 タイ、ナコンラチャシーマー・ラチャパット大学の研究者ドゥアンスダ・チョクチャロムオン氏が率いる研究チームは、見つかった骨を詳しく調べ、気嚢(きのう:呼吸器官)を持つ骨格であることを発見した。おそらくより速く呼吸するのにも役立っていたと考えられる。

「ダイナミックで動きの速い、どう猛な恐竜だったのでしょう」とブルサット氏。

ティラノサウルス以前の支配者はどこまで分布

 Tレックスなどの巨大なティラノサウルス類が出現するより数千万年も前、地球を支配していたのが、別の大型肉食恐竜「アロサウルス」の仲間だ。この重量級の肉食恐竜の中に、白亜紀の大半にわたり食物連鎖の頂点に君臨したカルカロドントサウルス類がある。今回見つかった新種恐竜もこの仲間と考えられている。

「元々、小さかったティラノサウルス類が巨大化して頂点捕食者になったのは、カルカロドントサウルス類の衰退があったからこそです」とブルサット氏は話す。

 カルカロドントサウルスの仲間が最初に見つかったのは1914年のこと。エジプトのサハラ砂漠で、ドイツの古生物学者エルンスト・シュトローマーが資金提供した調査隊が、ステーキナイフのように鋸歯状の恐竜の歯を見つけたのだ。その恐ろしい歯は、ホホジロザメを含むホホジロザメ属(カルカロドン)の歯を思い起こさせ、シュトローマーは1931年、この恐竜をカルカロドントサウルス・サハリクス(Carcharodontosaurus saharicus)と命名した。

次ページ:アジアで見つかっていない恐竜だった

 その後、大型の肉食恐竜も含めた近縁種がさらに発見されていたが、東南アジアでは保存状態の良いカルカロドントサウルス類の恐竜は見つかっていなかった。このことが、アジア東部にカルカロドントサウルスが生息していなかったのか、それともまだ化石が発見されていないだけなのか、という議論を呼んだ。謎解明のため、アジア各地で発掘が始まった。

報われた発掘作業

 この数十年、タイでは恐竜時代の化石が多く見つかっている。2007年以降、日本・タイ恐竜プロジェクトの国際チームは、新たな植物食恐竜2種(ラチャシマサウルスとシリントーナと名付けられた)と、ワニの祖先1種を発見するなど成果も出ている。

「白亜紀前期の恐竜の進化史を明らかにする上で、このプロジェクトは非常に重要です」と論文の共著者である福井県立恐竜博物館の古生物学者、服部創紀氏はメールで答えている。「日本とタイにいた白亜紀前期の恐竜を比較することで、恐竜の地理的な分布史など理解を深められるからです」

 植物食恐竜シリントーナは、タイ、ナコンラチャシーマー県バンサパンヒン村の近く、約1億1300万年〜1億2500万年前に形成されたと考えられる岩石の地層から見つかった。最高気温が35°Cに達する中、研究チームは発掘を行った。

 同じようにして掘り当てたのが22個の肉食恐竜の骨だ。見つかった化石は、4頭以上の異なる個体のもので、いくつかの背骨、手足と腰骨の一部、保存状態の良い右下顎を含む頭蓋骨の断片などがあった。チョクチャロムオン氏の研究チームが骨を詳細に調べたところ、カルカロドントサウルス類に属することが判明したのだ。

 この発見は、カルカロドントサウルス類が白亜紀前期までには地球全体に広がっていたことを示すものだ。アロサウルス類を含む他の多くの恐竜も、この時期までに生息域を拡大していた。当時、北米大陸はヨーロッパとアジアとつながっており、3大陸の恐竜は行き来していたことが伺える。

 今回発見されたサイアムラプトルは「タイ自体にとっても重要」とチョクチャロムオン氏は述べている。「今回の発見で、タイには多くの化石が眠っていることが分かりました。タイの若い世代に、発掘したいと考える人が増えてくれることを期待しています」

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2019 日経ナショナル ジオグラフィック社