サイト内
ウェブ

「人と恐竜は共存できる」科学的で確かな理由

  • 2018年7月13日
  • ナショナル ジオグラフィック日本版

 このたび公開される映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で、人はある道徳的なジレンマに直面する。孤島に閉じ込められた恐竜が、火山噴火によって絶滅の危機にさらされたとき、科学の力で恐竜を救うのか? それとも、再び絶滅させるのか?

 その前に、そもそも恐竜をよみがえらせることなど本当に可能なのだろうか? もし可能だとしたら、私たちは古代の動物と地球を共有することになる。すると、いったい何が起きるのだろう? 科学者たちに話を聞いてみた。

6600万年前のDNAを採取できるか

「ジュラシック・パーク」シリーズでは、科学者たちが琥珀に閉じ込められた蚊から、恐竜のDNAを採取する。現実の世界でも、昆虫などの無脊椎動物が琥珀の中から大量に発見されている。その一例が、白亜紀に生きていた吸血性のダニだ。

 だが、1993年にシリーズ1作目が公開されたときから比べると、科学は進歩し、現在はフィクションの一歩先を行っている。2016年後半、恐竜の尾が琥珀の中から発見されたのだ。しかも、極めて保存状態が良く、羽毛や皮膚も残されていた。

 ただし、たとえ琥珀の中から化石化した恐竜の一部が発見されたり、有機物の痕跡がわかる恐竜の化石がほかに見つかったりしても、無傷のDNAが出てくる可能性は残念ながらほとんどない。

 小惑星が地球に衝突し、大量絶滅が起きたのは6600万年前。DNAはこれほど長く残らないと今のところ考えられている。

「化石記録に残っている最古のDNAは約100万年前のものです。そのため、ジュラシック・パークのようにDNAから恐竜を再生するのは不可能です」と、大英自然史博物館の古生物学者スージー・メイドメント氏は話す。

 しかしながら、メイドメント氏は次のように補足した。「タンパク質などの軟組織に関しては、もっと古い証拠がどんどん見つかっています。そのため、恐竜の化石からDNAを採取するのは完全に不可能だと言い切れないと思います」

『The Rise and Fall of the Dinosaurs(恐竜の栄枯盛衰)』の著者で、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーのスティーブ・ブルサット氏によれば、ジュラシック・パークが公開されてからの25年間、世界中の古生物学者が恐竜のDNAを探し続けているという。

「もし最初に発見したら、将来が約束されます。そのため、皆が必死に探していますが、クローンの作成に必要な完全なゲノム、完全に近いゲノムはもちろん、DNAの断片すら見つかっていません」

「DNAは分解が早いため、たとえ100年しかたっていなくても、無意味な断片に分かれてしまいます」と英ブリストル大学の古生物学者マイク・ベントン氏は話す。「これらの断片をつなぎ合わせるには、とんでもない技術を必要とします。つまり、誰かが恐竜のDNAを発見しないかぎり、私たちは何もできません」

次ページ:飛躍的に進歩する遺伝子技術

飛躍的に進歩する遺伝子技術

 米国では、いくつかのチームが、古代のDNAの解読と遺伝子編集技術を使って、失われた種を復活させようと懸命に取り組んでいる。ベントン氏によれば、20年前に絶滅した動物をよみがえらせることでさえ、現時点では不可能な挑戦だという。

 ただし、CRISPRと呼ばれる手法を用いた遺伝子編集技術はものすごいスピードで進歩している。ジュラシック・パークの科学者チームが行ったように、さまざまな動物の遺伝子を継ぎ合わせることはすでに実現している。

 ジュラシック・パークの1作目では、琥珀の中から発見された恐竜のDNAの欠損部をカエルのDNAで補完した。現実世界でも、米ハーバード大学の遺伝学者ジョージ・チャーチ氏率いるチームが、マンモス復活プロジェクトの一環として、古代のマンモスの遺伝子を現代のアジアゾウのゲノムに挿入しようと試みている。

「恐竜の復活を不可能とは言いたくありません」と、カナダ、トロントのロイヤル・オンタリオ博物館に所属する、よろい竜専門家のビクトリア・アーバー氏は述べている。「多くの科学分野で、絶えず驚くようなブレイクスルーが起きています。恐竜復活のような、今は想像できないことも25年後、50年後、100年後には可能になっているかもしれません」

 もし絶滅種のゲノムを操作し、恐竜を復活させるというハードルを越えられたら、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に登場する恐竜「インドラプトル」のように、面白い特徴をもつデザイナー種をつくることすら比較的たやすいだろう。

人と共存できるのか?

 それでは、現代に完璧な恐竜をつくり出したと仮定した場合、恐竜は人のそばで生き延び、繁栄できるのだろうか?

 私たち現代人とライオン、オオカミ、クマなどの大型肉食動物の関係を考えると、人と捕食者がうまくいかないのはほぼ明白だ。しかも、ほとんどの場合、人が繁栄し、動物が衰退する。

 アーバー氏は、装甲に覆われたアンキロサウルスが自然の中を歩き回る世界に暮らしてみたいと述べている。しかし、大型草食動物でさえ、人と共存するのは難しいという。私たち人間が作物の栽培や住宅、居住区に莫大なスペースを使っているためだ。

「私たちは大型動物に領土を侵害されることを嫌います」とアーバー氏は話す。「ティラノサウルスのように巨大な捕食者との共存は想像できません。実際、北米の大部分では、オオカミを受け入れられず、ほぼ一掃してまいました。オオカミの70倍以上もある捕食者とどうすれば共存できるのでしょう?」

次ページ:私たちと恐竜はずっと共存してきた

 しかも、恐竜は現代と似ても似つかない生態系に暮らしていたと、メイドメント氏は指摘する。白亜紀にはまだ草も草原もなく、大型哺乳類も誕生していなかった。

「恐竜は何を食べ、彼らの消化器系はどう対処するのでしょうか? 彼らは哺乳類の捕食者にどう対応するのでしょう? 私たちは彼らをどこで飼うのでしょう? そして、彼らはどのような権利を与えられるのでしょうか? 恐竜のクローン作成は科学的に困難ですが、倫理的な問題も同じくらい難しいと思います」

「私たちの世界では、恐竜は宇宙人のようなものです」とブルサット氏も述べている。「彼らは数億〜数千万年前に進化した生物です。地球は今と全く異なる惑星でした。大陸の配置から大気、植物まで、すべて異なっていました。おそらく彼らは今の地球に全く対処できないでしょう」

私たちと恐竜はずっと共存してきた

 ただし、ブルサット氏は同時に、シンプルだが確かな事実を思い出すべきだと述べている。鳥という形で、私たちと恐竜がすでに共存していることだ。現代の鳥類は原始的な陸生の鳥の子孫で、6600万年前に全世界の森林が破壊されたとき、鳥たちは生き延びた。

「実際、シチメンチョウやダチョウ、ワシは外見も行動も、ベロキラプトルのような絶滅恐竜とあまり変わりません。つまり、間違いなく、人と恐竜は共存できます」とブルサット氏は断言する。「私たちは恐竜をペットとして飼い、調理して食べ、自然の中や動物園で鑑賞しています。スポーツチームのマスコットにもなっています」

 アーバー氏は絶滅種を復活させるための研究を支持しながらも、鳥をはじめ、あくまで現存する種の保護を最優先すべきだと述べている。

「博物館で恐竜の化石を見ると、私たちは感嘆します。絶滅はもう終わりにしたい、今地球を共有している種を守りたいと考えるきっかけになるでしょう」

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2018 日経ナショナル ジオグラフィック社