サイト内
ウェブ

【動画】マンタにカメラ装着、驚きの奇策とは

  • 2017年5月18日
  • ナショナル ジオグラフィック日本版

 動物に取りつける「クリッターカム」というカメラがある。ナショナル ジオグラフィックの科学者たちが開発したもので、彼らはこの30年間でさまざまな改良を重ね、70種以上の動物の生活や詳しいデータを記録してきた。

 そして、奇策が必要なときもある。

「グレッグと私は、それが誰のアイデアかをめぐって何年も議論することになるでしょう。だから、私のアイデアだと書いておいてくださいね」。ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーで海洋学者のジョシュ・スチュワート氏は、電子メールでジョークを飛ばした。

 氏はマンタ(Manta birostris:オニイトマキエイ)を調査するために、クリッターカムのパイオニアであるグレッグ・マーシャル氏、カイラー・アバナシー氏とチームを組んだ。2016年のことだ。

 このチームは、マンタが多く生息するメキシコの太平洋岸に潜り、マンタを傷つけないように吸盤を使って背中にカメラを取りつけた。音声と動画に加え、泳ぐ速度や位置、深さ、温度に関するデータも集められるものだ。

 ところが、メキシコのバンデラス湾で潜水調査を行った際に、ある問題が発覚した。カメラを取りつける吸盤は、なめらかな皮膚を持つクジラやアザラシなどの海洋哺乳類用に作られている。対して、マンタの皮膚は紙やすりのようにざらざらしているため、吸盤でしっかり固定するのが難しいのだ。

 サメやエイの皮膚は、水の抵抗を減らして高速に泳げるように、歯状突起という細かい歯のような突起に覆われている。吸盤をしっかり押しつければ、3時間ほどマンタについていたこともあった。外れたカメラは海面に浮かび上がり、チームは無線信号を手がかりに回収できる。だが、うまくいかないときは1分ともたなかった。

次ページ:「奇策」のおかげでデータが倍増!

収集できるデータが倍増

 カメラが長時間吸着したマンタの皮膚を調べたところ、粘液が多かったことがわかった。その粘液が歯状突起の間を埋める密閉剤として働き、吸盤がしっかりと密着していたのだ。では、どうすればこの粘液の効果を再現できるのだろうか。

「たまたまそこにピーナッツバターがあったんです。そして、『とにかく試してみよう』ということになりました」とスチュワート氏は言う。

 そこで、吸盤にピーナッツバターを塗って使ってみたところ、なんとカメラは今までの倍となる6時間もマンタに吸着した。これならいける。チームは手応えを感じた。

 しかし、ことは急を要した。チームが拠点にしている海岸の小さな町イェラパには、ピーナッツバターがわずかしかなかったのだ。「数週間にわたる調査に使えるように、すべて買い占めました。ありがたいことに、サンドイッチ用に残されていたものもありました」

 今までのところ、チームは30台のピーナッツバターつきクリッターカムをマンタに装着し、おかげで、収集できるマンタの行動データは倍になった。

 チームは偶然の産物であるピーナッツバターに代わるものを探したが、それ以上に効果のあるものは見つかっていない。ピーナッツバターは、シリコーングリスや入れ歯安定剤よりもおいしいだけでなく、優れた密閉剤でもあったわけだ。

深海での行動も明らかに

 クリッターカムによる撮影時間が倍になり、さらに難易度の高い潜水調査も行ったことで、スチュワート氏らはマンタの深海での隠された生態に迫ることができた。

 巨大で人なつこいマンタは観光客に人気だ。体重は中型の自動車ほどにもなり、ヒレを広げると自動車の倍ほどの大きさになる。しかし、マンタの生態にはいまだに多くの謎が残されている。

 マンタやその親戚にあたる小柄なイトマキエイがよく見られる場所は、小型魚が皮膚についたバクテリアを落としてくれるいわば「クリーニングステーション」になっているところだ。広々とした海域でのマンタの生態、とくに食生活についてはまだよくわかっていない。

 科学者たちは、マンタは動物プランクトンが豊富な場所にいることが多いと考えている。食事をしているマンタの姿が目撃されることはほとんどないものの、クリッターカムによって、マンタは暖かい海水が急に冷たくなる深い場所で食事をすることが確認されている。

 スチュワート氏は、マンタはほとんどの大型海洋脊椎動物とは違い、狭い範囲内でさまざまなものを食べていると考えている。

 氏は科学者であるだけでなく、マンタ・トラストやカリフォルニア湾海洋プログラムという環境保護活動にも深く関わっている。そのスチュワート氏にとって、科学は活動の半面でしかない。

「残念なことですが、多くの場所でマンタやイトマキエイが置かれている状況は思わしくありません」とスチュワート氏は言う。

 マンタは繁殖が遅く、天敵も存在しない。そのため、特に人間による搾取の影響を受けやすく、回復の速度も遅い。

 マンタが漁の対象になることは多くはないものの、ほかの魚をねらった漁で簡単に捕まってしまう。さらに、鰓板(さいばん)の需要の高まりから、マンタの漁獲量が増える可能性もある。これは古くから伝わるものではないが、伝統的な中国医学で使う薬の新たな原料として使われている。

 一方で、保護活動は成果を上げており、マンタの数は安定し、回復しつつあるという証拠もある。さらに、おとなしい巨大魚であるマンタの魅力は薄れてはいない。ある調査によると、マンタ関連のエコツーリズム産業は世界中で年間1億4000万ドルほどになるが、マンタ漁の規模はその3%にも満たないという。

 マンタがどのように移動しているかを解明できれば、移動場所の予測精度が上がり、効率的な保護も可能になる。

 これはマンタやマンタを研究する科学者にとって朗報だ。スチュワート氏は言う。「マンタはすばらしい性格の持ち主です。マンタの好奇心や陽気さは、他の魚とはまったく異なります」

あわせて読みたい

キーワードからさがす

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2017 日経ナショナル ジオグラフィック社