サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

横須賀東海岸で「おんべ焼き」 無病息災祈る火祭り

  • 2018年1月6日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 新しい年の家内安全や無病息災を祈る伝統行事「おんべ焼き」が1月7日と14日、横須賀東海岸の野比・長沢・久里浜などで行われる。(横須賀経済新聞)

 「おたき上げ」の残り火で餅を焼く

 早朝の浜辺に、火柱が勢いよく立ち昇る。砂浜に組んだ高さ約8メートルの竹のやぐらに、その年に飾った門松やしめ縄、書き初めなどを持ち寄って焼く火祭り。「年神様を送り返す」との意味があるとされる。

 地域によっては「どんど焼き」「左義長(さぎちょう)」ともいう。「おたき上げ」の火で餅を焼いて食べると1年間風邪をひかない、書初めを燃やすと書道が上達するという言い伝えも。

 毎年日の出前の6時頃から大勢の人が集まり、火柱に祈りを込める。野比海岸では志も・野比東・中村の3カ所。

 14日には長沢海岸(6時20分~牧水記念館近く)・熊野神社(東部漁港下)、久里浜海岸・長瀬海岸(10時~)でも「おんべ焼き」が行われる。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.