サイト内
ウェブ

国頭村に地域交流スペース 地域住民交流、移住相談強化

  • 2024年7月10日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 国頭村地域交流スペース(TEL 0980-43-8680)が7月1日、国頭村辺士名にオープンした。(やんばる経済新聞)

 「国頭村地域交流スペース」施設内の様子

 国頭村役場近くで3月までコワーキングスペース「HENTONA LOUNGE(ヘントナラウンジ)」として営業してきた同施設。移住・定住者の相談窓口強化と地域住民の交流の場を目的に国頭村が運営する。

 同村ではこれまで、村役場の庁舎内に設置していた移住定住窓口機能を同施設に移したことに伴い、地元不動産会社と連携し、住まいの相談にワンストップで応じられるようにするという。

 国頭村企画政策課の新垣ゆうさんは「役場には移住の相談が多く寄せられるが、家や住まいに関する相談が一番多く、地域の人とどこで交流できるかという質問も多かった。そのため、課題に応える場所としてリニューアルした」と話す。

 施設内には移住・定住者の相談カウンターを設置。相談員が常駐するほか、従来のコワーキングスペースとしても利用できる。

 移住希望者からの住まいのサポートを行う不動産会社「くんじゃんプランニング」社長の東健さんは「移住希望者は関東や関西の人が多く、自然を求めている人がほとんど。住まいの情報を発信・提供しながら、国頭をさらに好きになってもらえる場所にしたい」と意気込む。

 新垣さんは「移住を希望する人には、ネットだけで移住を決めず、まずは国頭村に来て地域の雰囲気を体験してもらいたい。地域の人には気軽に足を運んでもらい、自主イベントなどもできるような場所にしていきたい」と話す。

 営業時間は10時~19時。火曜定休。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2024 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.