サイト内
ウェブ

和歌山県全域に積雪 公共交通機関運休、主要道路も通行止めに

  • 2023年1月25日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 和歌山県で1月25日、前日から断続的に降り続いた雪が県内全域を覆った。(和歌山経済新聞)

 JR和歌山駅前でタクシーを待つ人たち

 気象庁和歌山地方気象台22時発表の情報によると、和歌山市の最低気温はマイナス2.2度、最高気温は3.4度。24時間の降雪量は6センチ、最深積雪は4センチ。そのほか、高野山でマイナス8.9度など、県内8カ所の観測地点で今季最低気温を記録した。

 県内の交通機関では除雪作業などのため、一部列車やバスに運休や遅延が発生。国道24号や42号、京奈和自動車道、阪和自動車道、第二阪和国道、紀勢自動車道、那智勝浦新宮道路など県内の主要道路で通行止めやチェーン規制が行われた。路線バスが運休し、JR和歌山駅前ではタクシーに並ぶ人が長蛇の列を作り、徒歩で出勤する人の姿が見られた。

 有田川町のあらぎ島では約20センチの積雪を記録した。町役場職員の上野まり子さんは「毎年うっすら雪が積もることはあるが、こんなに積もったのは久しぶり。町内も場所によっては数十センチの積雪があった。通行の際は気を付けてほしい」と話す。

 南紀白浜観光協会は一面雪に覆われた白良浜の写真をツイッターに投稿。三段壁洞窟、崎の湯、南方熊楠記念館などの休業をアナウンスした。同写真は2万5000回表示された。田辺観光協会は雪化粧の闘鶏神社の様子をツイッターに公開した。

 気象庁和歌山地方気象台17時発表の情報によると、明日の和歌山市内の天気は晴れときどき曇り、降水確率20%。最高気温7度、最低気温0度の予想。26日朝にかけて気温が低下することから、県は交通規制の有無にかかわらず路面凍結への注意を呼びかける。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2023 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.