サイト内
ウェブ

「女性に対する暴力をなくす運動」に合わせ豊田スタジアムを紫色にライトアップ

  • 2021年11月24日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 豊田市のランドマークで、サッカーJリーグ名古屋グランパスのホームスタジアムやラグビーW杯日本大会の試合会場として知られる豊田スタジアム(豊田市千石町7)で現在、「パープル・ライトアップ」が行われている。(豊田経済新聞)

 【写真】「女性に対する暴力をなくす運動」に合わせ豊田スタジアムを紫色にライトアップ

 パープル・ライトアップは毎年全国で実施している取り組みで、内閣府が定める「女性に対する暴力をなくす運動」期間(11月12日~25日)に合わせて、女性に対する暴力撲滅のシンボルである「パープルリボン」にちなみ東京スカイツリーなど全国の主要なランドマークを紫色にライトアップするもの。多くの人の目に留まることで、女性に対する暴力の撲滅に対する意識が進み、全ての市民が安全に自分らしく暮らすことができるまちの実現を目指す目的で行われている。

 豊田市は今回初めてこの取り組みに参加し、同市の中心部にある同スタジアムを紫色にライトアップすることで、市民に対し女性に対する暴力の防止を啓発する。

 点灯時間は17時~22時。11月25日まで。

 ライトアップ以外の啓発として市役所南庁舎1階や豊田産業文化センター2階の「とよた男女共同参画センター」では企画展示を行っている。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.