サイト内
ウェブ

富山・射水の文化施設「LETTER」で英歌手レイチェル・ダッドさんのライブ

  • 2020年2月14日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 イギリス出身のシンガー・ソングライター、レイチェル・ダッドさんのライブが2月22日、射水市の旧小杉郵便局跡を利用した文化施設「LETTER」(射水市戸破)で行われる。(富山経済新聞)

 【写真】ユニークな手作り楽器でパフォーマンスをするICHIさん

 レイチェルさんは17歳でファーストアルバムをリリース後、ユニット「ホエールボーン・ポーリー」や「ザ・ハンド」などのサイドプロジェクトも開始。近年はパートナーであるICHIさんと共に、広島の尾道と英ブリストルを拠点に活動。ハンドメードブランド「マグパイ」を立ち上げ、展覧会やワークショップも開催するなど幅広い創作を行っている。

 2019年リリースの新譜「FLUX(フラックス)」では、クラリネット、フリューゲルホルン、サクソフォンといった管楽器、バンジョー、ピアノが多彩な音色とリズムワークを展開。レイチェルさんの柔らかな歌声とともに、新たなトラッドフォークを構築している。

 同イベントは、富山市総曲輪のコーヒースタンド「SIXTH OR THIRD COFFEE STAND(シックスオアサードコーヒースタンド)」の店主・井上佳乃子さんが企画。井上さんとレイチェルさんは旧知の仲で、イギリスのシェアハウスでルームメイトだったこともある。今回はレイチェルさんのほか、ICHIさんも手作りの楽器を使ったユニークなパフォーマンスを披露する。

 井上さんは「レイチェルとICHIさんからは良い刺激をもらい続けている。大好きな人たちと、大好きな場所で公演ができることがうれしい。2人の音楽を多くの人に聞いてもらいたいので、ぜひ足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 18時開演。入場料は、一般=3,500円、高校生以下=1,500円、未就学児無料。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.