サイト内
ウェブ

旧福岡県公会堂貴賓館でアーティスト柴田みなみさん作品展 「ごみ」素材に制作

  • 2021年7月21日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 作品展「Paint Creator minami EXHIBITION 『不思議イキモノ感と存在感漂う作品展』」が7月27日から、旧福岡県公会堂貴賓館(福岡市中央区西中洲6)2階食堂で開催される。(天神経済新聞)

 福岡県出身で、アーティスト「Paint Creator minami(ペイントクリエイターミナミ)」として活動する柴田みなみさん。子どもの頃から創作している時間が好きで、工業高校の建築科に進学し、卒業後は設計の道に進んだが、アーティストのリアルな部分を身近に見たことと新しい経験をきっかけに、2013(平成25)年から創作活動を始めた。2017(平成29)年より福岡市西区の今津に作業場を構える。廃材アートシリーズ「ORINASU」を立ち上げ、自然環境への気付き、きっかけになればと活動している。

 会場では、捨てられたごみを生き物などに見立てて作った立体作品や平面なアクリル画など約20点を展示する。作品には、海ごみや家庭内で出たごみ、ペットボトル、木資材などを「素材」として使っていて、作品を通して環境問題にも触れることができる展示会となっている。

 開催時間は9時~18時。月曜休館。入館料は、一般=200円、児童(15歳未満)=100円、6歳未満・65歳以上は無料。8月15日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.