サイト内
ウェブ

前橋「和栗のパフェ」行列で整理券 1日30食限定、来年2月頃まで

  • 2021年9月27日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 9月15日に取り上げたカフェ「はなぶさ有機農園スイーツキッチン」(前橋市嶺町、TEL 027-288-8888)の「和栗のパフェ」が人気で、提供数を制限するなどして対応していることがわかった。(高崎前橋経済新聞)

 【写真】「和栗のシュークリーム」(400円)

 はなぶさ有機農園スイーツキッチンはブルーベリーや栗の生産を手掛ける「はなぶさ有機農園」の直営カフェ。秋の人気メニューが自家製の栗ジェラートやモンブランクリーム、渋皮煮を使う「和栗のパフェ」(1,200円)だ。

 はなぶさ有機農園の林敦さんは「記事の2日後くらいから行列になったため1日の提供数を30食に限定。整理券による対応を始めた」と振り返る。

 今年は栗が豊作だった。加えて1日の提供数を決めたことにより、「和栗のパフェ」は来年2月頃まで提供できる見込み。

 営業時間は11時~16時。火曜定休。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.