サイト内
ウェブ

周南にアジア食材の店「グリーンマート」 ビジネス専門学校卒のベトナム人が開店

  • 2022年1月14日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 アジア食材店「Green Mart(グリーンマート)」(周南市本町1、TEL 080-1932-6637)が代々木公園近くにオープンして1カ月がたった。(周南経済新聞)

 【写真】「まどんな亭」隣りのビル1階にある店舗

 ベトナム出身の店主・ウエン・バン・バオさんは、2014(平成26)年に来日。徳山総合ビジネス専門学校(周南市本町2)に通いながら周南市内の飲食店やスーパーに勤務し経験を積んだ。昨年3月卒業し、一時は帰国も考えたが、近隣に住む外国人や日本人に故郷の国の味を提供したいと起業を決意。12月15日、同店をオープンした。

 店の場所は、日本料理店「まどんな亭」隣りのビル1階。店内には、ベトナムを中心に、インドネシア、フィリピン、中国などアジアの国々の食材や調味料が所狭しと並ぶ。

 販売する商品は、バナナやザクロ、ココナツなどの果物、チリソースなどの調味料、コーヒー豆やジュースなどドリンク類、マカダミアナッツやココナッツチップスなどの菓子類、フォーやラーメンなどの麺類など。冷凍食品も、豚肉のさまざまな部位やライギョやコイなどの魚類、ジャックフルーツやドリアン、ミルクフルーツなどの果物などを扱う。

 オープンして1カ月。近隣に住むベトナム人やタイ人、中国人、フィリピン人などが来店する。日本ではなかなか買えない食材を見付けては、故郷の料理を作るために買っていくという。

 バオさんは「コロナ禍でなかなか帰省できず、故郷の味を懐かしむ留学生も多い。本場ベトナムの食材をはじめ、新鮮な果物や野菜もそろえているので、気軽に立ち寄ってほしい。いずれ飲食店も開きたい」と意気込む。

 営業時間は10時~23時。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.