サイト内
ウェブ

下松飲食業協同組合が弁当販売イベント 市内飲食店11店が出店

  • 2021年9月28日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 下松市内の飲食店が提供する弁当を販売するマルシェイベント「くだまるシェ」が10月1日、「ゆめタウン下松」(下松市中央町)の正面入口付近で開催される。(周南経済新聞)

 【写真】市内11店舗の飲食店が参加するくだまるシェのフライヤー

 主催は下松飲食業協同組合。新型コロナウイルス感染拡大のため影響を受けている飲食店への支援と集客を目的に弁当を販売。ゆめタウン下松と星プラザの協力のもと開催する。

 当日は、居酒屋「笑酎屋 不二才(ぶにせ)」、からあげ専門店「ごちそう維新からあげ」、食事処「よしの食堂」、焼き肉店「ホルモン焼肉家・どん」、小料理屋「ひのゑ」、居酒屋「福春波男(フクハルウェーブマン)」、和食処「さくら」、和食店「小桜」、「Cafe Marche(カフェマルシェ)」、「ペッパーランチ」の10店舗が弁当を販売。カフェ・コーヒー豆販売店「オリエンタル」がキッチンカーで出店し、コーヒーなどを提供する。

 同組合の青山健一郎理事長は「時短営業は明けたが、まだ厳しい状況。このイベントを通し、まずは下松の飲食店のことを知ってもらいたい。組合を挙げてコロナ対策に取り組んでいるので、安心して足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は11時~15時(売り切れ次第終了)。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.