サイト内
ウェブ

下松で屋内レジャープール営業始まる 今年も密を避け、事前予約制

  • 2021年7月22日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 くだまつ健康パーク(下松市平田、TEL 0833-41-0232)の屋内レジャープールが7月21日、今シーズンの営業を始めた。(周南経済新聞)

 【写真】屋外にあるゴムボートで滑降する「ブラックマジックスライダー」

 昨年に引き続き、新型コロナウイルスの感染予防対策の一環として密を避けるため、ホームページでの事前予約制を導入する。来場日の1週間前から申し込み可能で、入場時間は営業開始時間の10時から30分刻みで指定することができる。利用可能時間は3時間で、最も多い時間帯でも収容可能人員(900人)の半数以下450人になるよう調整する。

 1周180メートルの「流れるプール」や「波のプール」など4つのプールのほか、屋外にはゴムボートで滑降する「ブラックマジックスライダー」や「ウオータースライダー」などを用意する県内最大の屋内レジャープール。今年も周南3市の全海水浴場の開設が見送られる中、夏休み初日と重なったオープン初日には、親子連れや友達同士で遊びに来た中学生などでにぎわいを見せていた。

 同施設スタッフの戸倉淳平さんは「今年もコロナ禍での営業となってしまったが、感染対策をしっかりしているので、夏の楽しい思い出を作りに遊びに来てほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~17時30分。入場料は、大人(高校生以上)=1,400円、中学生=1,200円、小学生=1,000円、見学・幼児(3歳以上)=600円。8月31日まで。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.