サイト内
ウェブ

大井町・駅前中央通りに「ヒナタカフェ」 西品川「ビストロ八木商店」2号店

  • 2020年6月30日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 「hinata cafe(ヒナタカフェ)」(品川区大井1、TEL 03-5718-0618)が6月2日、JR大井町駅近くの大井中央通り商店会にオープンした。(品川経済新聞)

 【写真】「hinata cafe」の店内

 「ビストロ八木商店」(西品川3)の2号店。理髪店「髪切屋ジン」跡を改装して使う。内装は木を基調に、壁の色はヒマワリをイメージして黄色を選び、スタッフ自らペンキを塗り仕上げた。店舗面積は9坪、席数はカウンター9席、テーブル8席。全席禁煙。

 店長は、ビストロ八木商店に勤務していたバリスタ・星雅人さんが務める。星さんは、同店オープン当初から約5年勤務。その強みを生かして、カフェ業態にチャレンジすることにしたという。店名は星さんの娘の名前に由来する。

 日本国内で焙煎(ばいせん)したコーヒー豆を使い、0.1度単位で温度や気圧が調整できるエスプレッソマシンを備える。「日本でこのマシンを導入している店は、まだあまりないのでは」と星さん。

 ドリンクは「hinata式ドリップコーヒー」(650円)、「エスプレッソ」(450円)、「カフェラテ」(650円)などのコーヒー12種類や、「アールグレイ オーセンティック」(700円)などの紅茶5種類、「自家製ジンジャー」(700円)、「生ビール 東京クラフト」(550円)などをそろえる。

 フードメニューは全て自家製で、パンは店内で酵母から作る。「自家製フォカッチャとソーセージのサンド」や「ポルチーニ薫ベーコンのクロックムッシュ」「ホエー豚のロールキャベツ」に加え、「ビストロ八木商店」の定番メニュー「半熟卵のオムライス・ビーフシチューソース」(以上1,200円、サラダ・パン付き)などを提供する。「チーズケーキ」や「ショコラテリーヌ」「クレームカラメル」「ティラミス風アフォガード」(以上550円)などのデザートも。一部メニューはテークアウト可。

 「大井町といえばhinata cafeと言われるようになれたら」と話すのは、「ビストロ八木商店」オーナーの八木隆文さん。星さんは「時間を忘れてリラックスできる場所にしたい」と意気込む。

 営業時間は11時~20時。月曜定休。新型コロナウイルス感染症対策として、入り口に消毒液を設置。適宜ドアを開放して店内を換気する。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.