サイト内
ウェブ

広尾にケバブ専門カフェ「THE KBB」 ケバブを丼やサラダで提供

  • 2023年1月25日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 日本では屋台などで売られるファストフードのドネルケバブなどで知られるトルコ発祥の焼き料理「ケバブ」を専門に提供するカフェ「THE KBB(ザ ケービービー)」(渋谷区広尾5、TEL 03-6277-0704)が1月10日、広尾にオープンした。(シブヤ経済新聞)

 ケバブをのせたサラダ

 場所は広尾散歩通り(広尾商店街)から一本入った路面。3フロアで、店舗面積は15坪。店内に26席と外に8席を用意する。経営はITコンサルティングなどを手がけてきたZEIN(港区)で、外食事業へは初参入となる。茨城県の農家から市場には出回らない規格外の野菜などを仕入れ、フードロスを削減。インテリアには建築現場などで廃棄される予定だったものを加工・リサイクルし採用したという。

 今回、「知名度の割に食べたことのある人が少ないと感じていた」(同社)というケバブを「多くの人に届けたい」と、主力メニューに据えた。

 ケバブはセットでポテト、ドリンクが付く。チキン・ポーク・ビーフの中から1種類を選ぶバーガーのセット「THE KBB BURGER SET」(シングル1,200円、ダブル1,500円)と、ケバブを丼で提供する「THE KBB DON SET」、ケバブをサラダに添える「THE KBB SARAD SET」(以上、チキン1,400円、ポーク1,600円、ビーフ1,800円、3種盛り1,800円)を提供する。

 ドリンクは、コーヒー(500円)、カフェラテ(600円)、クラフトレモネード、クラフトコーラなど各種クラフトドリンク(600円)、コーラ、ジンジャエール(以上400円)などのソフトドリンクなどに加え、アルコールはハイボール、ビール(以上700円)、クラフトレモンサワー、クラフトジンジャーハイ(800円)などをそろえる。

 営業時間は11時~20時。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2023 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.