サイト内
ウェブ

代々木上原に菓子店「小楽園」 山をかたどったチョコ「山菓子」など提供

  • 2023年1月25日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 和洋菓子店「小楽園 TEA SALON & BOUTIQUE」(渋谷区元代々木町)が1月21日、代々木上原にオープンした。経営はクリエーティブスタジオKLOKA(同)。(シブヤ経済新聞)

 ピンク色が目を引く店舗外観

 からくり人形がチョコレートを届ける「OMOTENASHI屋敷」や、チョコレートでできた惑星を削る「The Chocolate Cosmos」などのスイーツ関連のインスタレーションを企画・制作してきた同社が出店する初の常設店となる。

 「桃源郷の土産物屋」 をイメージした店内は、日本的なモチーフをヨーロピアンな装飾物と共に和洋折衷にちりばめている。店内にはティーサロン(9席)も併設する。

 主力商品は、富士山や桜島御岳、利尻山など日本に実在する山の稜線(りょうせん)を地形データからかたどった手のひらサイズのチョコレート菓子「山菓子」(富士山=テイクアウト4,860円、イートイン4,950円、その他=同3,450円、同3,520円)。中はガナッシュやスポンジ、果実、ナッツなどを地層のように重ねている。

 スイーツはほかに、みたらし風味や黒ゴマをまぶしたキャラメリゼナッツ、ゆずこしょう風味のかりんとうなどオリジナルの「おこし」(テイクアウトのみ1,950円)などを提供。ドリンクは、ショコラショー(クラシック=テイクアウト650 円、イートイン850 円、アステカスパイス=同680 円、同=880 円)、和風チャイ(同680 円、同900 円)、茶請け付きの台湾茶(イートインのみ、1,540 円~1人追加ごとに追加700 円)などをラインアップする。

 営業時間は12時~19時。火曜定休。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2023 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.