サイト内
ウェブ

オランダ発ベビー用品ブランド「nuna」、代官山に日本初旗艦店

  • 2022年1月13日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 オランダ発ベビー用品ブランド「nuna」の旗艦店(渋谷区代官山町、TEL 03-6416-0778)が1月24日、代官山アドレス ザ・レジデンスウエストにオープンする。経営は同ブランドの正規販売代理店でベビーベッド、ベビーチェア、バウンサーなどの製造販売を行うベビー用品メーカー「カトージ」(愛知県)。(シブヤ経済新聞)

 2007年に創業した同ブランド。「使いやすさ」「デザイン性」「丁寧な作り」をポリシーに展開する商品は、国際的なプロダクトデザイン賞「Red Dot Award」などの賞を受賞している。

 代官山の店舗は国内初の旗艦店となる。「洗練された」ショップが点在し家族で買い物をする人も多い同エリアを出店地に選んだ。店内には授乳室も完備する。

 同店では、対面・前向き抱っこ、おんぶなど4つのスタイルで使え、マグネット式のバックルで装着が手軽なベビーキャリア(抱っこひも)「cudl(カドル)」(2万4,200円)や、両対面式のシートで片手で折り畳めるベビーカー「triv(トリヴ)」(7万4,800円)など屋外で使うアイテムや、3段階の角度でリクライニングでき軽く押すことで1~2分揺れ続けるバウンサー「leaf grow(リーフグロウ)」(3万2,780円、耐荷重60キロ)などの室内用品もラインアップ。

 同ブランドのベビーカーや抱っこひもを最大7時間レンタルできる1日レンタルサービス(1,000円)も用意。オープン記念として、レンタルサービスは今月31日まで無料で提供する。

 営業時間は11時~19時。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.