サイト内
ウェブ

代々木公園などで「アースデイ東京」 オンラインと連動も

  • 2021年4月16日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 環境フェスティバル「アースデイ東京」が4月17日から、代々木公園イベント広場(渋谷区神南2)などのオフラインとオンラインで開催される。(シブヤ経済新聞)

 1970年にアメリカ西海岸でスタートした「アースデイ」は、地球温暖化などの環境問題に対する関心を呼び掛ける環境イベント。日本では1990(平成2)年に同公園を中心に大規模なイベントを初開催し、アースデイ東京としては2001(平成13)年から同園で開催。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で初めてオンラインで実施した。

 今年は同園をはじめとする複数のオフライン会場とオンラインをつなぎコンテンツを展開していく。今月17日・18日には、同園のイベント広場でフェスティバルを開催。場内では複合フェス「アースガーデン」のマーケットや、オーガニック&エシカルマルシェ「くらしの天然市場」、シカ肉ソーセージなどを提供する「ニコルズフォレストキッチンなどが出店する飲食エリアなどを展開。

 屋外ステージでは、歌手の加藤登紀子さん、ダブポエトリーのユニット「いとうせいこうITP(in the poet)」、フォークシンガーのなぎら健壱さん、歌手のyaeさん、ファンクバンドSCOOBIE DO、ギタリストの佐藤タイジさんらがライブを行う予定。開催時間は10時~17時30分(予定)。入場無料。雨天決行。

 今月24日・25日には渋谷区立宮下公園(ミヤシタパーク)で、サステナブルとファッションをテーマにした「サスティナブルファッションウィーク2020+1」を開催する。オーガニックコスメブランド「Be」、びーがーバーガー「LUNA BURGER」とビーガンコミュニティーの発展を目指し活動する「Tokyo Vegan」のコラボブース、アシックスジャパンなどがブース出店するほか、トークセッションも展開。洋服をリユースする「洋服ポスト」では衣類の持ち込みを受け付ける。開催時間は11時30分~18時(予定)。入場無料。

 オンライン配信は期間中連日行うオフライン会場のライブやトークの中継をはじめ、Zoomを活用した講演会、交流会、映画上映、「Clubhouse」を活用したトークプログラムなどを予定する。

 今月25日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.