サイト内
ウェブ

パラスポーツのフリー誌「Go Journal」最新号、渋谷スクランブルスクエアで配布へ

  • 2020年1月14日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 蜷川実花さんがクリエーティブ・ディレクションを手掛けるパラスポーツのフリーグラフィックマガジン「Go Journal(ゴージャーナル)」のポップアップスペースが1月22日、渋谷スクランブルスクエア(渋谷区渋谷2)7階イベントスペース「L×7」に登場する。(シブヤ経済新聞)

 蜷川実花さんが撮り下ろした「Go Journal」4号のカバー

 日本財団パラリンピックサポートセンター(港区)が2017(平成29)年から発行している同誌。アート、ファッション、カルチャーを切り口にパラスポーツとパラアスリートの「魅力」に迫り、蜷川さんらが撮影する写真とアスリートのインタビューを中心に構成している。

 同日発刊する最新号の4号に合わせ展開するポップアップスペース。吹き抜けには、最新号のカバーを天井からつるすほか、ポップアップスペースでは最新号を配布する。発行部数は2万5000部。

 最新号の表紙は、リオパラリンピックに出場した車いすバスケットボールの鳥海連志(ちょうかい・れんし)選手とトライアスロンの秦(はた)由加子選手。アスリートの特集ページに加え、重度障がい者向けのロボット「OriHime」を開発した吉藤オリィさん、点字と墨字(点字では無い文字)を一体にすることで視覚障がい者も晴眼者も読める書体「Braille Neue(ブレイルノイエ)」を開発した高橋鴻介さんのインタビューも掲載している。

 施設の営業時間は10時~21時。2月4日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.