サイト内
ウェブ

仙台パルコ2にパンケーキ店「38mitsubachi」期間限定出店 串刺しワッフルも

  • 2020年9月25日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 仙台市内に4店舗を展開するパンケーキ店「38mitsubachi」のポップアップストアが9月11日、仙台パルコ2(仙台市青葉区中央3)1階にオープンした。(仙台経済新聞)

 【写真】カップパンケーキとスティックを刺したベルギーワッフル各種

 「ふわふわ食感」が特徴の「カップパンケーキ」(プレーン=400円、あんホイップ=630円、イチゴ=650円など)や、1号店の北四番丁店(青葉区二日町)で創業当時販売していた「パンケーキワッフル」(あんホイップ、カスタード、レモンカスタード、チョコカスタード=各250円)を販売する。

 注文を受けてから焼き上げるベルギーワッフルはスティックを刺して提供する。「ハニーメープルワッフル」(350円)、チョコレートや季節のフルーツなどをトッピングした「イチゴチョコアーモンドワッフル」「シャインマスカットワッフル」(以上480円)、期間限定の「モンブランワッフル」「紫芋ワッフル」(以上510円)など、現在9種類をラインアップする。このほか、ソフトクリーム、パフェ、プリン、食事系のワッフルサンドイッチ、ドリンクやフロートなども用意する(価格は全て税別)。

 「新型コロナウイルスが猛威を振るう中、仙台の街自体が暗くなっている気がする。少しでも仙台の街が笑顔であふれ明るく元気になればと出店した」と担当者。高校生から50代以上まで幅広い年代の層が利用し、休日はカップルや家族連れの利用も多いという。担当者は「パンケーキの生地で焼き上げたふわふわのワッフル、気軽に食べられる串を刺したベルギーワッフルやフルーツたっぷりのパフェ、カップに入ったスフレパンケーキも販売している。仙台パルコ2へお越しの際はお立ち寄りいただければ」と話す。

 イートインスペースの席数は13席。新型コロナウイルス感染防止対策として、スタッフのマスク着用、店内の換気、席の間引き、定期的な店内消毒を行う。利用者には手指消毒を求める。

 営業時間は10時~19時。出店は2021年2月末までを予定する。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.