サイト内
ウェブ

エスパル仙台に「Bull Pulu」台湾カフェ 豆花とタピオカドリンク、ボトルティー提供

  • 2020年1月28日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 台湾スイーツ「豆花(トウファ)」やタピオカドリンクを提供する「Bull Pulu TAIWAN CAFE(ブルプル 台湾カフェ)」(TEL 022-395-5565)がエスパル仙台本館(仙台市青葉区中央1)地下1階レストラン街にオープンして1カ月がたった。(仙台経済新聞)

 ブルプル 台湾カフェで提供する台湾スイーツ「豆花」

 東館2階「青の葉デイリーマーケット」で営業するタピオカドリンク専門店「Bull Pulu」(TEL 022-385-6887)の姉妹店。台湾スイーツ・フードの飲食事業を手掛けるJ・J(神奈川県川崎市)が、「タピオカだけではなく、本場台湾の日常のスイーツをもっと身近に体感してほしい」との思いから出店した。席数はテーブル40席。

 豆花メニューは、黒糖シャーベットの上に豆花をのせ、タピオカ、芋園(イモエン)、仙台限定のずんだあんをのせ、最後に黒糖水を注ぐノーマルタイプの「豆花」と、黒糖味の「黒糖豆花」、抹茶味の「抹茶豆花」(以上、M=400円、L=550円)の3種類。「わらび餅」「仙草ゼリー」「三色団子」(以上100円)などのトッピングも用意するほか、好きな組み合わせで豆花を2つのせる「二色豆花」(600円)、3つのせる「三色豆花」(700円)もある。

 同社エリアマネジャーの小林由美さんは「本場台湾の味にこだわった豆花は豆腐のような食感が特徴。甘めで食べ応えはあるがカロリーは少ないので、ダイエット中の方にもお薦め」と話す。

 タピオカドリンクは、「ミルクティー」「ミルクティー(ジャスミン茶)」(以上、M=400円、L=600円)、「黒糖タイガーミルクティー」「ストロベリータイガーミルク」「黒糖ミルクティー(東方美人)」(以上、M=450円、L=650円)、「ずんだほうじ茶シェイク」(M=550円、L=750円)など20種類以上を提供。タピオカ増量、ナタデココ追加(以上80円)や、甘さや氷の量(一部商品のみ)の調整にも対応する。

 そのほか、5種類の台湾茶「東方美人」「紅玉烏龍(ウーロン)茶」「四季春茶」「ジャスミン茶」「ほうじ茶」をボトルティー(以上450円)で提供。次回以降ボトルを持参すると200円引きになる。

 営業時間は10時~22時。全品テークアウトに対応する。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.