サイト内
ウェブ

肥後橋「カレーショップいなくら」1周年 カキフライの季節限定カレーも 

  • 2021年2月24日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 「カレーショップいなくら」(大阪市中央区道修町4、06-4708-4840)が2月25日、大阪・本町にオープンして1周年を迎える。(船場経済新聞)

 【写真】タルタルソースの載った季節限定「カキフライカレー」

 店長の稲藏元昭さんは同店の近くで洋食店を約24年経営。その経験から、同店では昼はカレー中心のメニュー、夜はカレーのほか洋食の一品料理も提供する。店舗面積は13坪、席数は24席。

 カレー(700円)、カツカレー(850円)、エビフライカレー(900円)などの定番カレーのほか季節メニューも用意。今の時期はカキフライカレー(900円)を提供している。カキフライは2個載っているが、1個100円で追加トッピングもできるという。

 アルコールはアサヒビールの生ビール「マルエフ」(350cc 、300円)や「ぶどう酒(赤・白)」(グラス各350円)などを用意。夜のアラカルトは「鶏もも肉のガーリック炒め」(350円)や「ほうれん草とベーコンのソテー」(450円)が人気といい、会社帰りのサラリーマンが、一品料理をあてに一杯飲みに立ち寄ることが多いと言う。

 稲藏さんはこの1年について「店の調子が出てきた矢先にコロナが始まった」と振り返る。ランチはコロナ前は1日80食出ていたという。「早く営業に集中できる環境になってほしい。コロナが収束して、再びお客さんの笑顔をたくさん見ることができたら」と期待を寄せる。

 営業時間は、月曜~土曜=11時30分~15時、17時~22時、日曜・祝日=11時30分~22時。新型コロナウイルス対策として、間隔を開けた配席や定期的な消毒・換気・清掃などを行う。 

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.