サイト内
ウェブ

支笏湖温泉で「氷濤まつり 氷の美術館」 氷像ライトアップも

  • 2022年1月15日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 「2022氷濤(ひょうとう)まつり 氷の美術館」が1月29日から、千歳市の支笏湖(しこつこ)温泉郷で始まる。(札幌経済新聞)

 支笏湖の湖水を使って作る大小さまざまな氷像を展示する同イベント。昼は支笏湖ブルーと呼ばれるナチュラルブルーに輝き、夜は色とりどりのライトに照らされ幻想的な世界を演出する。

 今年は、新型コロナウイルス感染症対策を徹底するため、ステージや売店、イベントのほか、滑り台やスケートリンクなどの体験型の氷像も中止し、シンプルな氷像の美しさを展示する「氷の美術館」として、支笏湖の湖水の美しさを表現する。

 このほか、千歳市の冬のレジャースポット「ノース・スノーランド イン 千歳」では、チューブスライダー、4輪バギー、スノーラフティング、ミニスノーモービルなど雪上ならではのアクティビティーを用意する。

 営業時間は10時~20時。ライトアップ点灯時間は16時30分~20時。入場料は、高校生以上=500円、中学生以下無料。2月23日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.