サイト内
ウェブ


「さっぽろオータムフェスト」8日遅れで開催 自家発電でイベントを支える

  • 2018年9月14日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 札幌・大通公園(札幌市中央区大通西1)で9月15日、秋のグルメイベント「さっぽろオータムフェスト2018」が開催される。(札幌経済新聞)

 オータムフェスト会場の案内板にグルメ情報がずらり

 「北海道・札幌の食」をメインテーマに、道内市町村の旬の食材やご当地グルメを取りそろえる。本来9月7日からの開催を予定していたが、今月6日に発生した北海道胆振東部地震の影響による電力復旧の目処が立たないことから、開催を見合わせていた。

 開催期間は当初予定の24日間から16日間となり、開催時間も前後3時間短縮される。地震による電力不足および節電に対応する対策として、会場内で使用する電気は全て自家発電でまかなうという。会場では、被災地支援のために、義援金を募る。

 イベントの会場構成は、1丁目会場=さっぽろオクトーバーフェスト2018、4丁目会場=SAPPORO WELCOME PARK、5丁目会場=HOKKAIDOラーメン祭り、6丁目会場=あおぞら×ほしぞら収穫祭 6丁目ハーベストバザール、7丁目会場=大通公園7丁目バー、8丁目会場=さっぽろ大通ほっかいどう市場、10丁目会場=Oh!ドリーム お肉じゅっ丁目、11丁目会場=THE Autumn食のクリエイトステージ。なお、地震の影響で予定通り出店できない店舗や提供できないメニューが発生することも見込まれるという。
 
 変更後の開催時間は、平日=12時~19時30分、土曜・日曜・祝日=10時~20時30分。今月30日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.