サイト内
ウェブ

小樽で「ブックアートウイーク」 「本」テーマにアート作品展示

  • 2020年10月18日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 小樽市内各所で10月12日、「おたるBook Art Week(ブックアートウイーク)2020」が開幕した。(小樽経済新聞)

 【写真】市立小樽図書館も展示会場に

 2012(平成24)年から始まり今年で9回目となる同イベント。「10の宝島を訪ねて 本をめぐる冒険をしよう」をテーマに、「本」に関するアート作品を10会場で展示する。

 会場は「あとりゑ・クレール」(小樽市梅ヶ枝町、10月13日~25日)、「TOMO's carving」(豊川町、同12日~25日)、「Jean's Shop LOKKI」(稲穂4、同12日~25日)、「小樽市総合博物館 運河館」(色内2、同12日~25日)、「BASE_C96」(稲穂3、同12日~25日)、「市立小樽文学館」(色内1、同10日~11月3日)、「博信堂書店」(花園1、同12日~25日)、「なまらや」(花園3、同13日~31日)、「市立小樽図書館」(花園5、同13日~25日)、「片桐仏壇店アトリエピアノ」(入船4、同12日~24日)。

 小樽始動号博物館運河館ではミニ展示「物語と昆虫」として、昆虫が重要な役割を演ずる6作品と、モチーフにした昆虫を標本で紹介する。同館担当者は「本を通じて魅力的な昆虫の世界に出合うきっかけになれば」と来場を呼び掛ける

 開催期間や入場条件は各会場により異なる。10月25日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.