サイト内
ウェブ


関西国際空港開港25周年記念イベント 9月20日「空の日」に

  • 2019年9月12日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 関西国際空港の開港25周年を記念した「KIX25周年・空の日イベント」が、「空の日」である9月20日、第1ターミナルビル2階オペレーションセンター付近で開かれる。主催は関西エアポート(大阪府泉佐野市)。(大阪ベイ経済新聞)

 今年で25周年を迎える関西国際空港は、日本初の完全24時間空港として1994(平成6)年9月4日に開港。現在は世界73都市に就航し、年間約3000万人の旅客数で賑(にぎ)わう。

 同イベントは2部制で、第1部「25周年・空の日セレモニー」では園児によるオープニングアクトや関西エアポートグループ公式キャラクターの「そらやん」も参加するグリーティングなどを行うほか、小学生が記者となり、空港・航空業界で働く職員にインタビューする。現役のパイロットやCA、整備士、管制官などを交えたトークショーも。

 第2部では「空の日イベント」として、エアライン会社による制服着用撮影会や折り紙ヒコーキ教室などのイベントを開催する。会場には関西国際空港25年の歴史が分かるミュージアムやモニュメントも併設する。

 開催時間は、第1部=10時~10時50分、第2部=11時~16時30分。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.