サイト内
ウェブ


練馬・石神井松の風文化公園で「薪能」 狂言と能を披露

  • 2018年10月11日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 石神井松の風文化公園(練馬区石神井台1)で10月14日、「みどりの風 練馬薪能(たきぎのう)」が行われる。(練馬経済新聞)

 園内の「花と木立のひろば」に能舞台を設置し、舞台の周囲にかがり火をたいて演出する同公演。今回の演目は、狂言「蝸牛(かぎゅう)」、能「土蜘蛛 さゝ蟹(ささがに)」。

 出演は、梅若万三郎さん、梅若紀長さん、野村万作さん、野村萬斎さん、一噌(いっそう)幸弘さん(笛)、柿原光博さん(大鼓)、住駒匡彦さん(小鼓)など練馬区にゆかりのある能楽師。

 17時開演。当日は観覧チケットを持っていない人向けに、園内に大型ビジョンを設置し生中継するほか、ケーブルテレビ「J:COM」でも生放送する。雨天時は公演を練馬文化センター(練馬1)で行い、大型ビジョンによる放映は行わない。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.