サイト内
ウェブ

富士宮にタリーズコーヒーオープン 全国初の飲食店併設店舗

  • 2021年4月14日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 「タリーズコーヒー富士宮店」(富士宮市大宮町)が4月2日、オープンした。(富士山経済新聞)

 同店は2019年3月に富士山本宮浅間大社前にオープンしたブルワリーレストラン「Mt. Fuji Brewing(マウント・フジ・ブリューイング)」を一部改装し併設。飲食店併設店舗は全国約800店舗あるタリーズコーヒーとして初。タリーズコーヒーとしても市内初出店で、県内では28店目となる。

 席数は30席で、テラス席も用意する。コーヒーのほか、ワインソムリエとビアソムリエの資格を持つヘッドブルワーの會森隆介さんが作った、富士山の湧水仕込みのクラフトビールは、カップでのテークアウト販売にも対応し、テラス席で楽しむこともできる。

 レストランでリニューアルオープンに合わせて販売する新メニュー「MIYA バーガー」は、創業150年の地元老舗パン店「江戸屋」と共同開発した、静岡産抹茶を?地に練り込んだオリジナルバンズに、ジューシーなパティを挟み、コクのあるボルドレーズ・ソースで仕上げる。フォアグラやジャンボマッシュルームなどのトッピングも用意する。

 タリーズコーヒージャパン(東京都新宿区)担当者は「『地域社会に根ざしたコミュニティーカフェ』という経営理念の下、コーヒーというくつろぎの飲み物を通じてこのエリアに根付いた居心地の良い空間を提供したい」と話す。

 同店の若林雛子マネジャーは「ビールだけでなくお酒を飲めない人を満足してもらうことで、来場客の笑顔が連鎖する施設にしたい。今後はお互いの店舗で富士宮に来た来客を満足させていきたい」と話す。

 営業時間は9時~21時。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.