サイト内
ウェブ

小山町などで「富士箱根トレイル スタンプラリー」 限定御朱印も

  • 2020年9月23日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 「富士箱根トレイル スタンプラリー」が現在、静岡県駿東郡小山町などで開催されている。(富士山経済新聞)

 山岳・自然分野のメディア事業を手掛ける山と溪谷社(千代田区)が提供する山のスタンプラリーアプリ「YAMASTA(ヤマスタ)」が、静岡県駿東郡小山町と行うイベント。「ヤマスタ」は、山頂や観光名所などの所定の場所でチェックインボタンを押すと、それぞれにデザインされたデジタルスタンプを集めることができるアプリ。

 「富士箱根トレイル」では、富士山須走口五合目から、西丹沢の三国山稜、湯船山、不老山を経て、金時山まで続く約43キロの稜線の道。スタンプラリーでは、トレイルの中でも富士山に向かって歩いていく気分を味わえる足柄峠から立山までを歩き、冨士浅間神社に降りるコンパクトなコースを用意した。ルート上は、ブナ林などの自然が広がり、間近に迫る富士山の眺めも楽しむことができる。

 スタンプラリーで獲得したスタンプ1個につきオリジナル記念缶バッジ(デザイン全10種、先着1000個限定)を1個進呈。スタンプラリー達成者には、完歩の証の認定証を用意するほか、特製ピンズの抽選企画も行う。

 富士箱根トレイルへのアクセスの割引企画も実施。富士山東口本宮・須走口登山道「冨士浅間神社」では、富士箱根トレイル利用者限定の御朱印(有料)も用意する。

 開催期間は2021年3月17日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.