サイト内
ウェブ


盛岡市中央公園で「ブックキャンプ」 屋外でのんびり本を楽しんで

  • 2018年9月7日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 「MORIOKA BOOK CAMP」が9月15日、盛岡市中央公園(盛岡市本宮)で開催される。(盛岡経済新聞)

 長野県大町市のキャンプ場で行われているブックイベント「ALPS BOOK CAMP」に着想を得たもの。主催するブックストア「BOOKNERD」の店主・早坂大輔さんは、今年7月に開かれた「ALPS BOOK CAMP」に出店。その際に、同様のイベントを盛岡で開きたいと考えたという。

 早坂さんは「本と屋外の遊びが一体となっているのが面白いと思った。本とアウトドアは一見すると違う方向性があるものだが、相性はとてもいい。開けた空間で、本を媒介にして多くの人が集まり、交流が楽しめるイベントにしたい」と話す。

 当日は県内外からブックストアや飲食店、雑貨店など20店舗以上が出店予定。盛岡市内からはブックストア「pono books&time」、「さわや書店」、ミニコミ誌「てくり」を発行する「まちの編集室」が出店するほか、奥州市からは「Cafe&Living Uchida」、紫波町からは「snowpeak URBAN OUTDOOR Shop in Shop OGAL」が参加する。

 会場となる盛岡市中央公園は多くの市民が日常的に利用している場所であることから、「日常の場所で非日常を感じてもらいたい」という思いで選んだという。早坂さんは「大人も子どもも、スマホやパソコン、ゲームの画面から離れて文字や自然にたくさん触れる1日にしてもらいたい」と話し、「慌ただしい毎日を送る皆さんがゆっくり、のんびり、本や野遊びを楽しめればうれしい。気軽にくつろぎに来て」と呼び掛ける。

 開催時間は11時~21時。入場無料。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.