サイト内
ウェブ


「松本カリーラリー」がオリジナルのガラムマサラ 八幡屋磯五郎と共同開発

  • 2019年11月19日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 カレー食べ歩きスタンプラリー企画などを行う「松本カリー推進委員会」が、七味唐辛子の老舗メーカーの八幡屋礒五郎(長野市)と共同開発したオリジナルのガラムマサラが現在、販売されている。(松本経済新聞)

 「松本カリーラリー」×八幡屋磯五郎のガラムマサラ

 市内のカレー店「メーヤウ」(松本市桐2)、「DOON食堂印度山」(大手4)、「がねいしゃ」(城東2)、が開発に協力した。八幡屋礒五郎が扱う2種類の唐辛子を含む8種類のスパイスを調合。八幡屋礒五郎で販売する「ガラムマサラ」には使われていないナツメグやショウガを使い、クローブを多めに入れて仕上げた。

 今年8月、同委員会と井上(深志2)が協力して市内4店舗のカレーの味を再現したレトルト商品をリリース。メーヤウの店主・小山修さんは「それぞれの店のガラムマサラがあるが、『松本のガラムマサラ』を作ってみたいと思った」と話す。辛さは得手不得手があると考え、香りを重視。家庭で作るルーを使ったカレーにかけることで、本格的なスパイスカレーを楽しめるようなものを目指した。八幡屋礒五郎の室賀豊社長は「香りが爽やかで、当社のガラムマサラとはひと味もふた味も違うものになった」と話す。

 12グラム入りで、価格は799円。開発に携わったカレー店3店、井上百貨店本店とアイシティ21(山形村)とオンラインストア、八幡屋礒五郎本店、MIDORI長野店で販売する。井上百貨店本店とアイシティ21では、レトルトカレーとセットにしたギフトボックスも用意する。価格は3,500円。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.