サイト内
ウェブ

松戸・21世紀の森と広場で「こども祭り」 30超の遊びや体験ブース

  • 2018年4月17日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 21 世紀の森と広場(松戸市千駄堀)で5月3日、「第45回松戸市こども祭り」が開かれる。(松戸経済新聞)

 会場を一周するミニSL

 子どもが主役になって楽しんでもらえるようにと毎年同園「つどいの広場」で開催し、毎年2万人を超える来場者がある同イベント。30以上の遊びや体験ブースがあり、2つの特設ステージで「チーバくん」や「松戸さん」などのゆるキャラの出演やダンス、演奏を披露する。

 会場を一周する「ミニSL」や勝ち抜き相撲大会「わんぱく相撲」のほか、エアー遊具「フアフア」「こどもエコみこし」「ストライクボード」「ぶるぶるフィッシング」などの体を動かして遊べるゲームをはじめ、大小さまざまなシャボン玉を一度に作り出すシャボン玉コーナー、勾玉(まがたま)作りや茶道教室などの体験型イベント、白バイ・パトカーの展示などを予定している。

 開催時間は10時~15時。入場無料。荒天中止。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.