サイト内
ウェブ

高円寺にグルテンフリーのチーズケーキとコーヒーの店 高円寺在住店主、赤坂から移転

  • 2021年9月15日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 高円寺にカフェ「RAD BROS CAFE」(杉並区高円寺北1)が8月22日、オープンした。(高円寺経済新聞)

 【写真】こだわりのカフェラテとバスクチーズケーキ

 手作りのチーズケーキやコーヒーを提供する同店。店名の「Rad」は英語のスラング語で「最高」や「クール」を示し、「地域の人と『兄弟』のような強いつながりでいたい」という思いで「Brothers」から「Bros」という言葉を取り入れた。店舗面積は15坪で半分を厨房(ちゅうぼう)スペースに活用。席数は12席で、客とスタッフや客同士でも交流があればと横並びにした。

 高円寺にオープンした理由について、店主の佐々木志朗さんは「赤坂で『チーズケーキとコーヒーがおいしい店』をコンセプトにした店を運営していたが、生産が追いつかず限界だった。長年、高円寺在住なのもあり、近場で路面の物件を探していたところ、この物件に巡り合えた。商店街から離れ、近くには比較的カフェが少ないエリアであったことから、この辺りにお気に入りの場所になってもらえるような店ができたらと思い、元・中華料理屋だった場所を改装してオープン。高円寺という街は様々なカルチャーが混在し、良い意味で雑多な街。だからあえて、対照的にすっきりとしたデザインにしたことで、工事中の時から近隣の人に注目してもらえた」と話す。

 ドリンクは約30種で、コーヒーはエスプレッソマシンやハンドドリップでバリスタが淹れる。「カフェラテ」「アメリカーノ」(以上480円)など。そのほかクラフトコーラや、コーヒーの実「カスカラ」を使ったドリンクなども提供する。「バスクチーズケーキ」(プレーン・コーヒー、各500円)はグルテンフリーで米粉を使い、北海道産クリームチーズと高級卵と呼ばれる「エグロワイヤル」で作る。秋のメニューで、カボチャ(550円)なども用意する。

 佐々木さんは「コーヒーにこだわりがあるので、コーヒースタンドとしても気軽に利用してほしい。Wi-Fiも完備しているので、店内でパソコン作業などもできる。テイクアウトにも対応するので、気軽に利用してもらえれば」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~20時。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.