サイト内
ウェブ

神戸メリケンパークで野外音楽イベント「Mocchi Fes」初開催

  • 2021年9月24日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 KOBEアート緊急支援事業(舞台芸術施設支援)イベント「Mocchi Fes(モッチフェス)2021」が10月3日、神戸メリケンパーク(神戸市中央区波止場町)屋外ステージで初開催される。(神戸経済新聞)

 【写真】会場となる神戸メリケンパーク

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響が続く中、施設や舞台技術者などの神戸の文化芸術分野を支える事業者の事業継続と発展を図る神戸市の支援事業として行う同イベント。神戸のプロダクション「ファンタジア」(加納町2)社長の本林宏文さんが発起人(実行委員長)となり、「キャッシュボックス」「アイドゥ」「サウンドスケープ・クリエート」、「神戸国際ステージサービス」などの音楽・イベント関連企業と共に実行委員会を立ち上げた。

 テーマは「音楽でつながる強さ」。当日は、「AKI-MURA(アキムラ)」(ピアノ=土井亮さん、二胡=木村ハルヨさん)、飯田俊樹さん、榎田俊介さん、大山百合香さん、きくりさん、「Cooley High Harmony(クーリーハイハーモニー)」、神戸・清盛隊、「KOBerries♪(コウベリーズ)」、下地正晃さん、シュガーズ、「Be in Voices(ビーインヴォイセス)」、「Bloom Works(ブルームワークス)」、ムーチョさん、YUMIiQ(ユミーク)さん、ワタナベフラワーが出演する。

 同実行委員会では現在、一般協賛金として応援チケット(1枚3,000円購入枚数制限無し)をウェブサイトで販売している(イベント中止の場合は返金対応なし)。会場では、Tシャツ、ポストカードなどのオフィシャルグッズの販売も行う予定。

 新型コロナウイルス感染予防対策として、観覧エリアへの入場時に検温・手指消毒・マスク着用確認・兵庫県コロナ追跡システム登録をお願いする。

 本林さんは「世の中的にも音楽イベントを行うことが厳しい状況にあるが、イベント名の由来となる『餅』のように粘り強く、音楽で人々を元気にしたいとう気持ちから神戸を拠点に活動する15組のアーティストが出演する。感染症対策も徹底してお待ちしている」と呼び掛ける。

 開催時間は11時~19時予定。10時開場(整列順番入場)。観覧無料。小雨決行、荒天中止。緊急事態宣言再延期の場合は中止。問い合わせはファンタジア内「Mocchi Fes 2021実行委員会」(TEL 078-242-8617)まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.