サイト内
ウェブ


久米川で初のハロウィーンイベント ビュッフェパーティーに「まちジャム」も

  • 2019年10月21日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 「久米川ハロウィン2019'」が10月26日、久米川駅(東京都東村山市栄町2)周辺で開催される。(北多摩経済新聞)

 しゃべるゆるキャラ「らびっこ」

 久米川付近でハロウィーンイベントを行うのは初めて。「久米川駅・東村山市を盛り上げたい、知ってほしい」と昨年秋に設立し、「コンカツ」などのイベントを運営するkumegawa南会が主催。会長の藤原公子さんは「今年7月に第1回のコンカツを行い、次は10月にしようと決めた中、久米川駅でのハロウィーンイベントがないことから企画した。ちょうど久米川で『まちジャム』もあったため、街歩きのコースに『まちジャム見学』も取り入れた」と話す。

 当日は参加者が仮装をするための着替え・メークスペースも用意する。スケジュールは、市のゆるキャラ「らびっこ」と一緒に回る街歩き(15時~)、音楽ライブ「まちジャム」見学(13時~)、牛モツ料理が人気の「Dining Amina」でのビュッフェパーティー(17時30分~19時30分、有料)など。集合場所ではハロウィーン仕様に飾り付けた写真撮影スポットを設置し、協力店による菓子の配布も。藤原さんは「ビュッフェパーティーでは、仮装という非日常的な空間で生まれる新たな縁・出会いを、おいしい食事と共に楽しんでほしい。交流の場として気軽に参加していただければ」と話す。

 「小さな子どもから大人まで一人一人が主役となり、皆さまが笑顔で楽しめるイベントになるよう、スタッフ一同頑張りたい。年に1度のイベントを一緒に思い切り楽しめれば」と意気込む。「市内でも商店や人の流れが多く、活気あふれる久米川をハロウィーンが楽しめる場所にしたい。これからも人と人とのつながりを大切にした街づくりを考え、久米川駅・東村山市を盛り上げていきたい」とも。

 12時30分から久米川駅南口の丸山書房で受け付け開始。街歩きだけの参加は無料で、定員は30人。ビュッフェパーティーの参加費は大人=3,000円、小人(20歳未満)=1,000円、小学生未満無料。当日キャンセルは返金不可。申し込みは電話かメッセンジャーで受け付ける。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.