サイト内
ウェブ

越谷・イオンレイクタウンで「アイスクリーム博」 国内外のアイス100種以上集結

  • 2021年4月14日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 「アイスクリーム博覧会 2021」が4月29日から、イオンレイクタウン(越谷市レイクタウン3)のmori1階噴水広場で開かれる。(春日部経済新聞)

 【写真】綿菓子でアイスクリームを包むというアメリカ発の「わたあめアイスクリームブリトー」

 国内のご当地アイスクリームから海外のトレンドアイスクリームまで合わせて100種以上をそろえるイベントで、5月9日の「アイスクリームの日」に合わせて行う。同施設での開催は8回目。

 世界のアイクリームとして、トルコの「ドンドルマ」、アラビアの、モッチリとした食感のアイスクリーム「ボーザ」や、綿菓子でアイスクリームを包むというアメリカ発の「わたあめアイスクリームブリトー」、フライドポテトとアイスクリームを組み合わせたオーストラリア発の「ホットチップスアイスクリーム」、台湾発の、アイスクリームをパンで包み揚げる「フライドアイスクリーム」やアイスクリームを盆栽に見立てた「盆栽アイス」などもある。

 トルコの「ドンドルマ」職人や、2017(平成29)年に世界ジェラートフェスティバルでチャンピオンに輝いた日本のジェラート職人の柴野大造さんが来場し、実演販売する。

 新型コロナウイルス感染症対策として、マスク着用や手指消毒などのほか、「黙食」や会話制限、入場制限やテークアウトの促進などを行い、感染症対策が行えないほどの混雑となった場合は速やかにイベントを中断もしくは中止する。

 開催時間10時~19時。
 5月9日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.