サイト内
ウェブ


加古川のおかき専門店、バレンタイン企画で「青いショコラおかき」販売

  • 2019年2月12日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 加古川の無添加手造りおかき専門店「タカミオカキ」(加古川市加古川町、TEL 079-440-1849)が1月25日から、期間限定で「青いショコラおかき」(500円)を販売している。(加古川経済新聞)

 原材料のバタフライピー

 「ふわふわ、さくさくとした触感にこだわった」という同店のおかきは一枚ずつ手作業で、約7日をかけて同店のおかき職人、高見恭平さんが完成させる。オーガニック素材などにこだわり、保存料、合成着色料、添加物を一切使わない無添加のおかきを製造販売している。

 今回、バレンタインデーとホワイトデーの季節に向けて企画した同商品。東南アジアに生息するマメ科の植物「バタフライピー」を乾燥させて粉末状にし、ホワイトチョコレートと混ぜて、おかきにコーティングする。バタフライピーはアントシアニンがブルーベリーよりも多く含まれ、東南アジアなどで茶にして飲まれているという。

 高見さんは「好評だった『無添加アーモンドショコラおかき』(450円)と、トウガラシとブラックペッパーをつけてチョコレートでコーティングした辛いおかきを袋の中に1枚だけ隠してロシアンルーレットのように楽しむ『赤いショコラおかき』(450円)も3月末まで販売する。併せて試してほしい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~18時。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.