サイト内
ウェブ

日岡山公園で「ムサシオープンデパート夜市」 2度の延期経て2年ぶりに

  • 2021年11月26日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 「ムサシオープンデパート夜市」が11月27日・28日の2日間、日岡山公園(加古川市加古川町)で開催される。主催は園芸用品メーカー「ムサシ」。(加古川経済新聞)

 【写真】ムサシオープンデパート朝市の様子

 2018(平成30)年8月に初開催した同イベント。同社が2017(平成29)年6月から毎週土曜か日曜に加古川市近辺の会場で開催する青空マーケット「ムサシオープンデパート朝市」をより多くの人に知ってもらおうと始めた。7回目となる今回は、コロナ禍の影響による2度の延期を経て開催する。

 イベントを担当する河村操さんは「今回は芝生と木々に囲まれた日岡山公園の芝生広場が舞台。無数のランラン灯や、揺らめくキャンドル、光るゲートなどにより、夕暮れから夜にかけて一変する公園の雰囲気を楽しんでほしい」と話す。

 当日は飲食、生鮮食品、加工品、生活雑貨、ワークショップなどの出店が50店舗を超え、生ビールやクラフトビールの販売も行う。会場ではDJによる音楽演出のほか、2日間にわたってアーティストによる音楽ライブや、夜市プロデューサーの岡本亮さんによる朝市、夜市にまつわるグループトークによる「レディオカルマ・マニアック」を予定。当初の夏の開催予定に合わせて作成した「夜市限定手ぬぐい」(2,000円)の購入による協賛も募集する。

 河村さんは「子どもたちも楽しめる木の舞台を設置したり、木々の中に出展ブースを配置したり、自然と融合した会場を準備するので、来場者も出展者も交流の時間を楽しみながら過ごしてほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は15時~21時。入場無料。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.