サイト内
ウェブ


いたばしプロレスリングが4周年記念展示 旗揚げからの写真やコスチュームなど

  • 2018年9月15日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 板橋区立グリーンホール(板橋区栄町)で9月16日、プロレス団体「いたばしプロレスリング」の4周年記念大会を前に特別展示が行われる。(板橋経済新聞)

 はやて選手(左)と今年5月に入団した まるこ選手(右)

 同団体の設立は2014年7月。メキシコマットや「みちのくプロレス」で活躍した東北新幹線をモチーフにした覆面レスラー・はやて選手が、「地元板橋に元気と笑顔を!」をモットーにプロレスを通じたより良いコミュニティー形成を目指し、同年9月15日に旗揚げ戦を行ってから今年で4周年を迎える。

 はやて選手を代表に、所属レスラーは中里哲也選手、ウルフ智也選手、鈴木心選手、イタバシマスク選手の4人に加え、まるこ選手が今年5月に入団した。

 板橋区内の商店街や地域が公認する覆面レスラーが活躍するのも特徴の一つで、グレート・ピカちゃんとキューティー・ピカちゃん(共に上板橋北口商店街)、ハッピーロードマンとハッピーロードマン・ダーク(共にハッピーロード大山商店街)、なかいたへそマスク(中板橋商店街)、マスクド・ふなどん(板橋区舟渡町)、いたばし不動ッピー(板橋宿不動通り商店街)、トキワダイオー(常盤台1・2丁目町会)がデビューを果たしている。

 4周年記念大会では、商店街・町会公認レスラーたちによる「いたプロヒーローズ最強決定トーナメント」準決勝(ハッピーロードマンVSいたばし不動ッピー)を行うほか、メインイベントの8人タッグマッチでは、悪役レスラーのハッピーロードマン・ダークが初めてヒーローチームに加わることが「いたプロ」ファンの注目を集めている。

 同会場1階で行われる4周年記念展では、「いたプロ」旗揚げからの写真や年表、コスチューム、デザイン画を展示するほか、一般公募で集まった選手・スタッフらを描いたイラスト作品を並べる。

 記念展の開催時間は13時30分~15時30分。入場無料。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.