サイト内
ウェブ

牛込神楽坂に英国調のカフェダイニング「ミセス・キングスマン」 

  • 2022年9月23日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 牛込神楽坂にカフェダイニング「Mrs.KINGSMAN(ミセス・キングスマン)」(新宿区岩戸町、TEL 03-6228-1650)がオープンして1カ月がたった。オープン日は7月1日。同店は、イタリアンをベースとした創作レストラン。席数は、カウンター=6席、テーブル=22席。(市ケ谷経済新聞)

 「Mrs.KINGSMAN」店主の我妻滉さん

 店主の我妻滉(あずま・こう)さんはイタリアンなどの飲食業界で10年以上の経験を持ち、いつか独立したいと考えていた。「この店に私の世界観を全て詰め込んだ。長年料理に携わってきたが、その前は建築業界にいたこともあり、店の内装なども細部まで自分で手掛けた。建築と料理は、手を加えることで何かを生み出していく点が共通している」と話す。

 店内はイギリスを連想させるような装飾を施し、金色と青色で統一する。ランチタイムはカジュアルな店構えながら、ディナーは照明を暗くし、キャンドルなどで落ち着いた雰囲気を演出する。「料理だけでなく、店全体からも世界観を伝えたい。テーマパークに行った時のような特別感や期待感を持ってもらえるような店になれれば。訪れる時間帯によって店の印象が異なるので、シーン別にお越しいただいても面白いはず。カジュアルな食事のほか、デート、女子会にもお勧め」とも。

 メニューは「パテやバンズ、ソースなど全てにおいて、シンプルながらも飽きのこないハンバーガーを追求した」という「KINGSMANバーガー」(1,200円)、鶏だしを使った練りウニソースが特徴の「炙(あぶ)りウニの濃厚カルボナーラ」(1,500円)など。卵を一切使わず、特濃牛乳で仕上げた自家製プリン「シロプリン」(600円)も人気という。週末は深夜営業も行い、カクテルメニューなども提供する。

 営業時間は、ランチ=12時~16時、ディナー=18時~23時30分(金曜・土曜は翌5時まで、日曜はランチのみ)。月曜定休。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.