サイト内
ウェブ

広島にスーパーマーケット「紀伊国屋」の期間限定店 200点以上を一堂に

  • 2020年9月23日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 広島三越(広島市中区胡町)に9月22日、創業110周年を迎えた東京・青山の老舗スーパーマーケット「紀伊国屋」のポップアップショップが期間限定でオープンした。広島への出展は初めて。(広島経済新聞)

 1階フロアには、20色展開のコンパクトに折り畳める「KINOKUNIYA」ロゴ入りのエコバッグ(1,100円)や広島で限定販売するランチバッグ(2,200円)、サイズの異なる5種類をそろえるスライドジッパーバッグ(220円)などの雑貨と自家製プリン(259円)や昨年20万個以上を売り上げた「かつサンド」(3切れ431円)などの食品200点以上をそろえる。

 オープン初日は、4連休の最終日とあって、開店から行列ができた。ショップへの関心も高く、事前に客からの問い合わせも多かったという。会場への入場は、新型コロナウイルス対策のため、20人までの入場制限を設ける。

 同店の広報担当者は「レジ袋有料化もあって、エコバッグへの注目が高い。消費者のニーズに合ったのではないか」と話す。初日に広島限定のランチバッグや、色によってはエコバッグが完売したが、商品は随時取り寄せ店頭に並べるという。

 営業時間は10時30分~19時30分。今月28日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.