サイト内
ウェブ


広島・宇品でeスポーツ大会 「ぷよぷよ」で対戦、プロゲーマー来場も

  • 2019年2月12日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 家電量販店「EDION(エディオン)」などが入るショッピングモール「ベイシティ宇品」内の商業施設「mitte(ミッテ)宇品」(広島市南区宇品西2)の多目的スペースで2月23日、eスポーツ大会「広ぷよフェスタ」が開催される。(広島経済新聞)

 「ぶち」「萬まる」などの肉料理専門店やボクシングジムを運営するビッグアーム(呉市)が企画した同大会。同社では昨年10月、「mitte宇品」オープンと同時にイベント事業を始めた。自社企画のイベントに加え、貸し会場として提供しており、これまで格闘技や音楽ライブ、マルシェ、神楽などを行っている。

 今秋、茨城県で開催される「いきいき茨城ゆめ国体」の種目にゲーム対戦競技「eスポーツ」が採用され、盛り上がりを見せていることから、同社では地域活性化とプレーヤー育成を目的に大会を企画した。

 競技タイトルにはセガの人気対戦パズルゲーム「ぷよぷよeスポーツ」を採用した。PS4版のトーナメント方式で日本eスポーツ連合(JeSU)公認ライセンスを持つプロ選手も来場し、解説実況で会場を盛り上げる。

 開催時間は13時~19時。参加無料。参加申し込みは2月23日まで、特設サイトで受け付ける。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.